ファースヌードで、あっという間に旬美人

自然体でいられるおしゃれが、今季の気分。だけど、いつもと同じ自分に飽きてしまいそうな日も、本当はある。そんなマンネリをさらりと打破する一点投入術を、シンプルおしゃれのプロ、スタイリスト青木千加子さんに教えてもらいました! treasuresでも、その一部をお届けします。(Styling:Chikako Aoki、Photograph:Hal Kuzuya、Hair&makeup:Atsushi Momiyama、Model:Rena Takeshita)

OM1501T1.jpg

・ リア クレモンのファースヌード
「ファーアイテム、今季すごく流行っているから、色や形、毛足の長さまでこだわって探してみても楽しいんじゃないでしょうか。中でもスヌードは取り入れやすさNo.1。これはニットと毛足の長いファーが組み合わさっていて、頭にかぶればフードになるのも面白い。なかなか迫力のあるアイテムなので、エアリーなニットでワントーンコーディネート。アクセをプラスしてもいいし、こうしてリップやネイルで強い差し色を効かせるのも手です」

・ ミュベール ワークのガウン風コート
「ガウン風コートも今季よく見るアイテムで、華奢な人には嬉しいトレンド。肩幅があると似合わないって思ってる人はもしかしたら多いかもしれないけど、逆です。こんな風に襟ぐりの開いたTシャツで鎖骨をきれいに見せればすっきり。コートって1枚で完結してしまってコーディネートの幅が少ないけど、こういうスエットのようなカジュアルな素材でインを見せながら気崩せば、脱・部屋着コーディネートになるし、パンツとも合うし、便利ですよ」

さらに詳しい情報は、本誌30ページから「ミューズの冬は『1点トレンド』主義!」にてご確認ください。

otona MUSE1月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読