柴咲コウ “直虎の生き方は自分自身にリンクする”

NHK総合テレビで毎週日曜に好評放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」。劇中で、女ながらに城主を務めた井伊直虎を演じているのが女優の柴咲コウ(しばさき こう)さんです。

025

見事なロングヘアをバッサリと切り、挑戦している直虎役。放送開始直後は、子役が演じる幼少期が描かれていたため、柴咲さんの直虎が登場したのは、ほんの数週間前。ですが、すでにハマり役に違いないと確信させられるほど、生き生きとした姫の姿に魅了されてしまいます。

聞けば、柴咲さん自身も、直虎には強く惹かれているとか。

「これまでも、たとえば『大奥』の徳川吉宗役など、芯が強くて運命に抗いながらも突き進んでいくという役をやらせていただくことがありましたが、直虎は、女性としての心を持ちながら城主として人を統べていくんですよね。その時代の女性の生き方に縛られず、違う生き方を選び全うするところに惹かれるものがあります」

直虎は、行方知れずになっているいいなずけとの約束を守るために、他との婚姻を拒みます。それを正当化するために、出家をしてしまうのです。示された選択肢の中に、納得できるものがなかったら、自分で新しい選択肢を探す。そんなしなやかさは、現代の女性でも得難く、憧れを抱きます。

「私も今まで、AとB、どちらがいいですか?と言われて、先入観でそれしか選べないと思っちゃって、どちらも好きじゃないのに選択しちゃったな、ということがありますから。他も選べるということが描かれていて、気持ちがいいですよね。
それに、直虎は、殿になるぞ!みたいなハングリー精神でなったわけではなくて、自分の大切な人たちを守るためにその道を選んだ。私も本来は人前に出るなんて苦手なほうなんですけど、そういう立場に置かれたから、ポジティブに使命感を覚えて道を選んできた。だから直虎の生き方って、自分自身にもリンクするところを感じていますね」

すでに城主としてたちまわるシーンも撮影しているそう。脚本を読みながら、直虎の生き様からできると思えばできないことはないと感じると背中を後押しされていると明かしてくれています。
さらに、近ごろのファッションのマイブームなども語ったロングインタビュー。全文は「リンネル」4月号22ページからご覧ください! 

表紙

短い髪がキュートな柴咲コウさんが目印の「リンネル」4月号は、本日2月20日(月)発売です。「春は私らしい『きちんと服』で」を巻頭特集に、この春の装いやビューティを提案します。

大好評の誌上ネコ祭り第3弾も開催している「リンネル」4月号。
ブランドアイテム特別付録「リサ・ラーソン 猫のマイキー デイリーリュック」と

furoku01_650
綴じ込み付録「HAPPY LIFE with CATS」もセットです!

105

さらに別冊付録「正しいクレンジング 見直し帖」も付いてきます。

春のおしゃれの計画に「リンネル」4月号のチェックをお忘れなく!

 

photograph_Chiemi Nakajima
styling_Junko Okamoto
hair & make-up_SAKURA(Allure)
text_Mika Miyoshi

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

「リンネル」最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読