大人女子のイタさの正体は執着!? 神崎恵に学ぶ大人のキレイの秘密

いくつになってもキレイでいたい。女性ならば、誰もがそう願うもの。
かといって生きている限り、嫌でも年齢は重ねてしまいます。若い頃は問題なかった顔や体のお手入れも、なんだか最近しっくりきていないことに気付き、途方にくれている人も多いのでは?
そんな時は、美容のプロからキレイの秘訣を学んでみてはいかがでしょうか?

MUSE1703_083

「オトナミューズ」3月号では、カリスマ的な人気を誇る美容家・神崎 恵(かんざき めぐみ)さんにフィーチャーした特集をお届けしています。
「神崎 恵に学ぶ 大人のキレイの秘密」と掲げた特集内では、オススメのスキンケアアイテムや「全方位からのキレイを手に入れる」ボディケアの秘策、内側からキレイを高められる食べ物&飲み物、Q&Aコーナーなど16ページに渡って神崎 恵流キレイの作り方を伝授。
特集内からニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、キレイを更新するための神崎 恵さんからのtipsをご紹介します。

MUSE1703_084-085

女性らしい丸みは育て、
華奢は作るもの。

頰やバスト、ヒップなどの曲線は、女性特有。たるみが気になるから、痩せたいからと無理にダイエットをしてしまうと、せっかくの女性らしい丸みを削いでしまう可能性も。
とはいえ、デコルテや肩甲骨などの骨ばった華奢さは必要なので、大人がするべきはただ体重を落とすダイエットではなく、パーツの美しさを際立たせるためのシェイプアップ。

MUSE1703_084-085+

肌を判断されるのは、
年齢ではなく、「鮮度」。

高鮮度な女はいくつになっても
かっこいい。

スーパーに並ぶ果物や魚など、新鮮なものが美味しそうに見えるように、人間だって鮮度あるものに本能的に惹かれてしまうもの。みずみずしい潤いを湛えた肌は、丁寧な生き方や充実した生活を想像させ、シミやシワなどの細かなアラを超越した、透明感のあるオーラをまとうことができる。だからこそ、肌を油分と水分で満たす保湿ケアは絶対!

MUSE1703_084-085++++

イタさの正体は、執着。
不必要なものは思い切って切り捨てる、
それが魅力や色気につながったりする。

美容って、執着感が出てしまうと一気に痛々しくなってしまう。1ミリのシワやシミも見当たらないような完ぺきさは息苦しいし、年齢に抗った若作りは、どこか違和感を感じさせる。笑ってできたシワも、夏を満喫したそばかすもまずは受け入れて、丁寧に自分と向き合ったケアをしてみる。
それが余裕となり、柔らかく魅力的な女性へ。

神崎 恵さんのビューティに関する金言を読むだけで、美容へのモチベーションがUP↑ 私も、もっとキレイになれるはず!と前向きな気持ちになりませんか? 

キレイになりたいと願う大人女子のバイブル的な特集は「オトナミューズ」3月号83ページからどうぞ♪

 

Photograph:YASUTOMO SANPEI(model), TAIJUN HIRAMOTO(still), MAYA KAJITA[e7](CUT OUT)
Styling:RIO YANAGI
Hair:SAYUHDA
Make-up:AIKO ONO[angle]
Text:EMI TANIGUCHI

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

「オトナミューズ」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読