アウターを、今季っぽく着こなすコツ

smart1月号では、巷で流行している4つのアウターの今季っぽい着こなし方をレクチャー。簡単なルールさえ守れば、スタイリッシュなコーディネイトにまとまります。 treasuresでは、ライダースジャケットをピックアップ!(Photograph:Tatsuya Yamakawa、Styling:Yonosuke Kikuchi、Hair&makeup:Sugo、Model:Yuken Osugi)

大人なレザーアイテムの1つ「ライダースジャケット」。ハードなアイテムと上品なアイテムを組み合わせるのが今季も注目されている。ただ、無骨さを前面に押し出すのではなく、あくまでもきれいめコーデの味付けとして使うのがポイント。全体的に着こなしが大人っぽくシフトしている昨今、レザーアイテムは避けては通れないので、ライダースジャケットは1枚持っておきたい。ダブルのライダースも注目されているが、やや難易度が高いので、シングルライダースから始めるのをおすすめしたい。

smart1501riders.jpg

さて、そんなライダースジャケットを今季っぽく着こなす基本ルールはこちら!

・ タイトすぎず大きすぎずのジャストサイズがベスト!
大人っぽく着こなしたいなら、ジャストサイズがマスト。着膨れにも注意したい。
・ スウェットやニットでスポーツ感をプラス
ハードにならないように、スポーティ感をプラスするのが今風の着こなし。
・ きれいめシャツでハードさを緩和
プレッピーな着こなしのスパイスとしてライダースジャケットを羽織るのは今季の大正解。簡単にできるのでぜひ取り入れてほしい。
・ 足元は品よくまとめる
足元はスニーカーではなく、レザー短靴がおすすめ。ライダースの色と合わせるとお洒落度がアップする。

アイテムを組み合わせた着こなしスタイルなど、さらに詳しい情報は、本誌52ページから「大人のための4大アウター着こなしルール」にてご確認ください。

smart1月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読