フライパンでも焼ける!朝食に10分で焼き立てパンを♪

「今日の朝食は、自分で焼いたパンでした。」
パンを焼くのが趣味という人なら、特に珍しい話ではないかと思います。ですが、それが朝から自分でパンを焼いて食べてきましたとなると……。「何時に起きたの?」と思わず尋ねたくなりますよね。
そんな素敵な生活が、なんと毎朝10分くらい早起きするだけで叶うんです!

「リンネル」3月号のBOOK IN BOOK「美味しい暮らしの新習慣」では、食卓がちょっと新鮮になる美味しい新習慣をご提案。冬が旬のレモンを使った調味料と手作りパン、ぬか漬けという3つの食にまつわるトピックスを集めました。
冒頭でご紹介した自分の焼いたパンを毎日の朝ごはんにという計画も、ここで紹介しているレシピなら実現できちゃいます!
教えてくれるのは、パン教室の主宰やパンのレシピ本を手掛ける吉永麻衣子先生です。

「低温長時間発酵」で作る
忙しい毎朝に寄り添うパン
102

毎朝、自分で作った焼き立てパンを楽しむなんて、絶対に無理……。そんな思い込みを見事に覆すのが、吉永麻衣子さんが提案する、やや小ぶりのかわいらしいパンです。こねや成形は前日に済ませ、夜、寝ている間に発酵、当日は約10分焼くだけで仕上がるというから、画期的。
「その秘密は、冷蔵庫で8時間以上行う低温長時間発酵。ゆっくり発酵させるので、生地は丸め直せば3日間は過発酵せず、作りおきもできるんですよ」
ただ作るのがラクなだけでなく、長い発酵時間のなかで風味も増し、おいしくなるのもいいところ。基本の2パターンさえ覚えれば、形や具材などアレンジして、いろいろなバリエーションのパンが簡単にでき上がります。

なるほど、冷蔵庫で寝かせれば過発酵の心配が無くなるんですね!
とは言っても、朝からオーブンを使うのも気が重いなぁ。
そんな人に向けて、普段使っている調理器具でも焼ける方法も、併せて紹介してくれています!

4つの焼き方からお好みの方法で!

外はカリッと、なかはもちもち
オーブントースターで
103+

全体的にふんわり、やわらか
オーブンで
103++

外はこんがり、中はもちもち
フライパンで
103+++

皮はパリッと、中はふんわり
魚焼きグリル
103++++

「リンネル」3月号では、もちろんご紹介している朝食用パンの材料や作り方も1ステップずつ丁寧に解説しています。前日の下準備は20分で完了、当日は焼くだけというスピーディーなレシピは、既にパン作りが趣味という人も一読の価値ありです!基本のスティックパン&丸パンのほかに、ベーグルやスティックシナモンロールなど、パンのアレンジレシピも掲載。 

詳しくは「リンネル」3月号97ページからをご覧ください!

cooking: Maiko Yoshinaga
photograph: Nao Shimizu
styling: Yui Otani
text: Kaori Akiyama

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「リンネル」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読