2017年はチーク&ハイライトでイメチェン!ふっくら優しい女子顔メイク♪

新しい年が始まると、心機一転して自分をブラッシュアップしたくなるもの。それなら新しいメイクに挑戦してみては?
「GLOW」2月号の特集「新しいヘアとメイクで年明けからイメチェン!」では、「GLOW」誌面でお馴染みの13名が登場。ヘアとメイクを変えた様子をビフォー・アフター写真とともにご紹介しています。

中でも、手っ取り早く取り組めそうなのがメイクを使ったイメチェン。
パーソナルスタイリストの大日方久美子(おびなた くみこ)さんが、チークとハイライトで、クール顔から優しい印象の顔にチェンジ♪

では早速、変身前と変身後のメイクを比較してみましょう!

P112-113_ヘアとメイク.indd

たしかに左のメイクの方が愛らしい印象。この顔はどう仕上げるの?

MAKE-UP PROCESS
01
頰骨のいちばん高い部分を起点に

P112-113_ヘアとメイク.indd

粉っぽくならないバームや、リクイドをチョイス。にっこり微笑み、頰骨の高い位置の内側から外側に向かって、真横にさっとひと塗りします。

02
小鼻より下にチークは塗らない!

P112-113_ヘアとメイク.indd
中指と薬指の2本で、軽くトントンと叩くようにチークを広げます。小鼻より下に塗り広げないことで、キュッと上向きの頰に見えます。


0
3
レフ板効果で顔の中心を明るく

P112-113_ヘアとメイク.indd
ハイライトを目の下にのせると光が中心に集まり、くすみが和らぎます。スポンジを折り、目の下の三角ゾーンにこすらずに、軽く叩き込みます。

04
Tゾーンにハイライトを入れて立体感アップ!

P112-113_ヘアとメイク.indd
立体感を引き出すために、Tゾーンにもハイライトを入れます。額と鼻筋に沿ってのせますが、鼻が大きく見えるので鼻の頭は塗りません。

05
頰骨の下部分にハイライトをオン

P112-113_ヘアとメイク.indd
GLOW世代は頰の下がやせこけてくるので、ハイライトで目くらまし。頰の影になる部分にハイライトを少量のせて、肌にメリハリを。

06
ほうれい線の影部分にハイライトをのせる

P112-113_ヘアとメイク.indd
気になるほうれい線もハイライトでカバー。小鼻の横の影になる部分に指でハイライトを少量のせるだけで、シワが目立たずふっくら!

丁寧な解説があるから、自分でも簡単に仕上げられそう♪
誌面ではオススメのチーク&ハイライトもご紹介しています。さらに眉&アイラインメイクのイメチェンと、ヘアスタイルを変えたイメチェンもご提案。

2017年を気持ち新たに新しい自分で迎えたい人は「GLOW」2月号100ページからの特集「新しいヘアとメイクで年明けからイメチェン!」をチェック!

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

「GLOW」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読