年末年始のお疲れ胃腸に 冬のこだわりケア方法3選!

仕事もプライベートもなんだか忙しくなる年末年始。この時期は急に寒くなることに加え、飲み会などのイベントも多く、胃腸の調子も乱れがちです。

「リンネル」2月号の特集「お疲れ胃腸いたわりレシピ」内の「私のこだわり胃腸ケア」と題したコーナーでは、健康関連の記事を執筆しているライターや料理家など、普段からインナーケアを意識している人たち6人に聞いた、胃腸のいたわり方法を紹介。今回はその中から3点をピックアップしました。

毎日のように続けられる、
自分に合った方法をチョイス

117

体を内側から癒やしていくインナーケアは、その場限りのものではなく、少しずつでも毎日続けていくことが大切。スーパーで手に入る身近な食べ物を取り入れたり、いつものバスタイムを少し長めにしたりなど、日常に取り入れられる簡単なものばかりなので、自分に合った方法を試してみてください。

117

tottoさん/料理家
tottorante
主宰。雑誌、書籍などでのレシピ提案に加え、食育にも力を注ぐ。著書に『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)など。

体の内側から冷やさない習慣と
食生活の心がけ

「普段から胃腸を冷やさない習慣づけをしています。
湯船につかって体を温めるのはもちろん、起きがけの白湯、 ヨーグルトやぬか漬けなど発酵食品やしょうがを毎日食べるなど、体の内側から温めることを意識。そのおかげか、胃腸は強いほうだと思います」

117

胃腸が弱ったときは体に負担が少ない湯豆腐を

豆腐を昆布だしに入れ、少しの塩、すりおろしたしょうがとねぎを加えてことこと。
「薄味で仕上げ、最後に岩塩をパラリとかけて食べるのがおすすめ」

117

佐藤かなさん/スタイリスト
雑誌や広告などで活躍中。『スタイリスト佐藤かなの簡単に作れて、とことん使える日常着』(文化出版局)など、手芸の著書も。

乳酸菌の力で冬の免疫力をアップ

「花粉症やアトピー皮膚炎のケアで、昔から乳酸菌を意識してとっていたら、免疫力も自然とアップ。毎朝ヨーグルトを欠かさずとるようになってからは、風邪をひきにくくなり、昨年は子どもがインフルエンザにかかっても、うつりませんでした」

117

 

乳酸菌が胃で生き残る力がすごいヨーグルト

他の乳酸菌より胃で生き残る力が強い、LG21乳酸菌を含むヨーグルト。
「毎日食べるのにぴったり」。
明治プロビオヨーグルトLG21
/明治

117

仁田ときこさん/ライター
本誌をはじめとする雑誌や書籍で、温めなどの健康やファッションなどについて執筆。プライベートでは、4歳、2歳の男の子のママ。

子どもからうつる胃腸炎対策を万全に

「子どもがかかったウイルス性の胃腸炎に私も感染することがあり、大変な目に遭いました。それからは、吐き気をもよおしたら梅肉酵母エキスで対策しています。また、胃の不快感や腸の不調の改善効果がある還元水素水も飲んで、疲れにくい体に」

117

還元水素水が自宅で気軽につくれる生成器

「水素濃度の目安などパネル表示が見やすく、3段階で電解し、たっぷりの水素を発生」。
還元水素水生成器TK-HS91-w
/パナソニック理美容・健康商品ご相談窓口

そのほか、食材の効果効能を活かした、胃腸いたわりレシピも紹介されています。いずれも身近な食材を使い、スープやデザートなど、簡単にできるものばかり。この冬は体の内側を意識して、やさしく胃腸ケアをしてみてはいかがでしょうか?

さらに詳しい内容は、「リンネル」2月号114ページをご覧ください!

photograph:Mari Yoshioka
text:Kaori Akiyama

※誌面画像の無断転用はご遠慮ください。

「リンネル」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読