問題作「愛を乞うひと」に挑んだ篠原涼子 虐待母を演じた苦悶を告白

時には恋と仕事に悩む現代女性に、時には敏腕な女性刑事に扮してきた篠原涼子(しのはら りょうこ)さん。実力派女優として確固たる地位を築いた篠原さんですが、1月に放送されるスペシャルドラマでは、あの話題作を主演することに。その作品とは「愛を乞うひと」(日本テレビ系)。
今作の出演について、本日・12月27日(火)発売の「GLOW」2月号でインタビューに答えてくれました。

この冬、日本テレビ系列で放送されるスペシャルドラマ『愛を乞うひと』(1月11日放送)は、虐待を繰り返す母とその娘の流転の日々を描いた作家・下田治美の同名小説が原作。1998年には、原田美枝子が母と成長した娘の二役を演じて映画化され、その描写の凄惨さから世に衝撃を与えた問題作である。現在の篠原さんとは真逆ともいえる世界を体現する、その挑戦を望んだのは、ほかならぬ篠原さん自身だった。

「10年前に映画を見て、私もすごく衝撃を受けて、『ぜひこの作品をやりたい!』と思ったんです。それから10年たって、あらためてドラマ化のお話をいただいた時にも、やはりやりたいという思いがまずよみがえりました。ですが……」

プライベートでは2児の母でもある篠原涼子さん。自身とは異なる種類の母親を演じることへの葛藤もありました。

「映画を見直してみると、見たくない世界が本当に濃密に描かれている。やはり今、実際に子どもを育てている身としては、母・豊子の気持ちにかなり抵抗を感じてしまって……。でも、こんな作品に取り組める機会はなかなかないこと。今、ここで自分が諦めてしまったら必ず後悔すると思ったので、母としてではなく、演じる人間として割り切ってやろう!と決意しました。10年前の初心を忘れるな、と」

主人公の豊子の姿を通して、虐待はいけないことだが、その背景には理由がある。彼女への救いを物語に載せられたらと願いつつ演じたという篠原さん。さらにシビアな作品の撮影中は特に、自身の家庭への感謝の気持ちを常に抱いていたそうです。

「嫌なこと、考えたくないことを抱える時も、子どもたちの顔を見ると無になれるし、家事にしても、それに集中することで気持ちをリセットできる。本当に助かっていると思うし、心強く、励みになります」

p020-021_1702_coverstory_ok

カバーストーリーでは、そんな家庭でのオフタイムを激写したようなカットを掲載。アンダーウエアやリラックスウエア姿で、美脚も披露してくれています。

インタビュー全文は「GLOW」2月号20ページからご覧ください!

%e8%a1%a8%e7%b4%991_144dpi

篠原涼子さんが表紙を飾った「GLOW」2月号は「おしゃれ40代のリアル冬コーデ!」をメイン特集にお届けしています。さらに「幸せをつかむ女の開運BOOK」やヘアメイクのイメチェン企画など、新年にふさわしい特集も満載!

特別付録は「可愛い猫のリング&バッグ」のセット。人気ジュエリーブランド「ete」とコラボレーションした「猫のスマホリング」と、

furoku02
「猫のショルダーバッグ」という豪華な2点が付いてきます。

furoku04
冬休みのお供にも、12月27日(火)発売の「GLOW」2月号をどうぞ♪

 

撮影=長山一樹〈S-14〉 
スタイリング=安藤眞理 
ヘア&メイク=岡野瑞恵〈storm〉 
取材・文=大谷道子

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「GLOW」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読