「女性らしさの匙加減は髪で」 井川 遥が“大人の品格ヘア”を語る

髪は女性の命とは昔から言われているけれど、現代に生きる女性たちも、ここ最近、ヘアスタイルの重要性を再認識しているように思えます。
今年の夏には、ヘアスタイルを変えて運命も変えちゃおうという本が発売。ベストセラーとなりました。
本日、12月22日(木)発売の「&ROSY」2017/SPRING でも、表紙を飾った女優・井川 遥(いがわ はるか)さんのヘアスタイルに注目。大人の品格ヘアと題したカバーストーリーをお送りしています。
実は、キレイの8割が決まると言っても過言ではないヘアスタイル。憧れ女優・井川遥さんの髪型から、大人の品格ヘアとはどういうものか、ヒントをもらいましょう!

p18

髪で、女性らしさの「匙加減」を足し引きする

デビュー後しばらくして、ベリーショートにしたことがあるんです。当時、女性らしさを全面に求められることに抵抗があったんですね。髪を切ることで女性らしさをマイナスしたんです。

思えば、私にとって髪は、トータルで見たときの女性らしさの「匙加減」を足し引きするものなのかもしれませんね。もともと私のなりたい像は「かっこいい女性」。そのためにこの長さならこのバランス、みたいな髪のイメージがあるんです。だから今の髪形には、たとえば「巻き」のようなそれ以上の女性らしい要素は排除するほうが、私らしい「味つけ」かな、と思っています。

目指すべき女性像を明確にして、そこに近づけるように、自分のキャラクターを踏まえた「味つけ」を施していく。井川さんの輝きの秘密は、そんな努力を怠らず、続けているところにあるのかもしれません。

また、空気を含んだような、ふんわりとしたシルエットも井川 遥ヘアの魅力。ただ「無造作」が「乱れ髪」に見えないように、ドライヤーをきちんとかけるなどの「ひと手間」は惜しまないそう。

インタビュー記事に続いては、スタイリングのポイントを徹底解剖した「井川 遥さんの大人の品格ヘアオーダー帳」も掲載しています。美容師さんにコレを見せるだけで井川 遥ヘアに近づけそうな、マネしたい人必見のページですよ。

%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88_%ef%bc%86rosy02_001a

そして「&ROSY」2017/SPRING のメインテーマは「35歳からの品格メイクは一点集中主義!!」
千吉良恵子さん、イガリシノブさん、篤史さん、耕 万理子さんという一流メイクアップアーティスト4名をお招きして、ポイントを絞った品格メイクを解説しています。

さらに特別付録として「ミキモト コスメティックス」の「エッセンスマスク LX」と

r0031-q

同じく「ミキモト コスメティックス」の「2面コンパクトミラー」という、真珠美肌を叶える豪華な2点セットが手に入ります!

161027_rosy_0035_%e7%b4%8d%e5%93%81-q

完売前に、書店やコンビニでチェックしてくださいね♪

 

model:HARUKA IGAWA
text:CHITOSE MATSUMOTO
photo:TAKAO SAKAI[aosora]
make-up:MIWAKO MIZUNO[3rd]
hair:DAI MICHISHITA
styling:KEIKO SHIMIZU[SIGNO]

 
※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「&ROSY」2017/SPRING

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読