いい革小物の条件とは? コードバンの魅力を検証

財布やベルトといった革小物を買うとき、何を求めますか? 機能はもちろん重要ですが、見た目が大切という方も多いのではないでしょうか。それを大きく左右させるのが使われている素材。すなわち“革”です。革と一言で言っても、さまざまな種類があり、加工があり、醸しだす表情は千差万別。そんな中から確かな逸品を選ぶためには、革の知識を身につけ、いい革小物の条件を知ることがベスト。というわけで、MonoMax12月号では、そんな奥深くて知れば知るほど面白い、“革の基本”を網羅した大特集をお届けします。(取材・文:伊藤勝太、馬渕信彦、横山博之、撮影:村本祥一、大村聡志、尾島翔太、スタイリング:栃木雅弘、ヘア&メイク:萩原典幸、モデル:ヒカルド)

max1412kawa.jpg

革の王様、革のダイヤモンドといった数多くの異名を持つコードバン。誰にも最高級素材として知られているだけに、それを採用した財布から与えられる気品とステータス感は相当なもの。またひとつの特徴といえるのが、どのメーカーもコードバンを素材に使うのにふさわしい最高の仕事をしようと、技術の枠を極めていることだ。コードバンが世界的にも年々減産し、希少化が進んでいることと職人技を凝縮させていることから、他に比べて少々値が張る価格帯に設定されているが、そのぶん得られる満足度は群を抜いている。耐久性にも優れ、飴色にエイジングしていくというのもコートバンならではの魅力で、使い込むほどに手放せない逸品へと成長していく。将来を見据え、今よりも男の格を上げた数年後に深い味わいを出しているよう、今から育てていくという考えで手に入れるのもありだ。表から見えない内装部分はナイロン生地などが使われていることも多いが、「ワイルドスワンズ コーリン」は細部までオールレザーで統一されている。札入れは2室、カード室は11と収納力は充分。複数のクレジットカードを持つセレブもショップカードの多いユーザーも安心だ。

さらに詳しい情報は、本誌16ページから「財布&小物傑作革モノ大検証」にてご確認を。

MonoMax12月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読