2016年、“いいブリーフケース”の頂点に輝いたのは吉田カバンのコレ!

多くの企業でボーナスが支給されたと思われる先週末。都心部のショッピングエリアも、心なしかいつもより賑わっていた気が。1年間頑張って働いた自分へのご褒美を探しに行ったという人も多いのではないでしょうか?
そんなご褒美アイテムにカバンを選ぼうと思っているなら、ぜひチェックして欲しいのが「MonoMax」1月号の特集「カバン・オブ・ザ・イヤー2016」。
各シーズン、他誌に先駆けて新作カバンを紹介してきた「MonoMax」だからこそできた本特集。「3WAYブリーフケース部門」、「レザーバックパック部門」、「薄マチバックパック部門」、「リッチトートバッグ部門」等々、全部で9つのジャンルに分けて審査を実施。
エントリーされたカバンの中からバイヤー、ベテラン販売員、カバン職人などカバンに造詣が深い方々が最終審査を行いました。

今回のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、特集の冒頭を飾った「3WAYブリーフケース部門」をピックアップ。王座を獲得した「吉田」の優秀アイテムをご紹介します!

「3WAYブリーフケース部門」の審査員を務めてくれたのは、「TOKYO BASE UNITED TOKYO Division Manager」の菅井隆行さん、「ニシムラ」の営業・椿 宏一さん、スタイリストの小林知典さん、「RES」デザイナーの磯見祐介さんという4名です。

早速ですが、ビジカジ派の支持を集めた「3WAYブリーフケース部門」2016年最優秀賞はコチラ!

020_021_特集_下_616T.indd

最優秀賞
ラゲッジ レーベル
ラゲッジ レーベル ゾーン 3WAY ブリーフケース
(問)吉田

着脱可能なショルダーストラップと格納式のリュック用ストラップを装備し、手持ち、肩掛け、背負いの3通りの持ち方ができる。素材は堅牢なボンティング加工のナイロンツイル。生地裏のPVCコーティングは軽量化のため0.15㎜の厚さに。

W43×H32×D11cm

020_021_特集_下_616T.indd

では、この「ラゲッジ レーベル」のどんなところが審査員に評価されたのでしょうか?

注目の3WAYブリーフケース部門2016年最優秀賞はラゲッジレーベル/ゾーンの3WAYブリーフケースに決定! 
手持ち、肩掛け、背負いの3通りに変化し、そのすべてにおいて使い勝手が高く、デザイン、素材&パーツ選びまであらゆる審査で高得点をたたき出した。 

菅井 カジュアルなナイロンを用いながら、本革ハンドルやマットブラックのファスナーを用いる等、パーツ使いの巧さがデザインを引き立てていますね。

椿 ボンディング加工ながらもハリ感のあるナイロンツイルはワンランク上の品質。美しい光沢で見る人を惹きつけます。

小林 優れた収納力やミリタリーライクなポケットの配置など、使い勝手の高さはさすがだと思いました。

磯見 縫製もとてもきれいです。みなさんがおっしゃっているように、すべてにおいてスキがない、トータルバランスの高さが最高得点となった理由だと思います。

審査員がそれぞれ注目したポイントを、さらに詳しくチェック!
まずは菅井さんが言及した「パーツ使い」と、椿さんが挙げた本体生地について。

020_021_特集_下_616T.indd

パーツ選びのこだわりがスゴイ
ハンドルはコンビなめしの牛ステア。「ミリタリーライクなマットブラックのファスナーも存在感があります」(菅井さん)と好評価。

020_021_特集_下_616T.indd

上品な光沢をまとうナイロン素材
表地はボンディング加工のナイロンツイル。「生地裏面にPVC加工が施されていて、美しい光沢感が上質さを醸し出しています」(椿さん)

次は小林さんが目を付けた実用性について解説。なんとB4サイズのファイルもOKというキャパシティを兼ね備えているんです。

020_021_特集_下_616T.indd

国内出張に対応する豊富な収納力
ポケット類を外装に配置することで主室は使い勝手の高い広大なスペースを確保。「1泊程度の出張なら充分対応できますね」(小林さん)

そしてビジネスマンには嬉しい、こんな工夫も!

020_021_特集_下_616T.indd

トローリーケースとセットアップできる!
外装背面にポケットを装備し、トローリーケースのキャリーバーに通してセットアップが可能。出張の多いビジネスマンに役立つディテールだ。

審査員の解説を読むうちに、これを2017年のビジネスバッグにしようと心を決めた「MonoMax」読者も多いのでは?

特集内では、ほかにも数々の優秀カバンを掲載しています。
詳細は「MonoMax」1月号20ページからどうぞ!

文・取材/岡藤充泰(ライトアウェイ)、渡辺和博(TRYOUT)、津田昌宏、伊藤勝太 
撮影/村本祥一(BYTHEWAY)
スタイリング/栃木雅広(quilt)、小孫一希、小林知典(quilt) 
ヘア&メイク/萩原典幸 
モデル/ヒカルド

*「吉田」正式名称は「吉」の「士」の部分が「土」となります
※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「MonoMax Web」

「MonoMax」最新号のお知らせ

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読