知らなかったワザがいっぱい! 「おばあちゃんのお掃除の知恵」を紹介

日本で伝え継がれた「おばあちゃんの知恵」には、知らなかったワザがいっぱい。steady.12月号では、これからの季節に活躍するお掃除、大切にしたい衣類のケア、上手になりたいお料理の知恵をお届けします。treasuresでも、「お掃除」の一部をご紹介します。

steady1214chie.jpg

・ ガスレンジの汚れはビールでひと拭き
ガスレンジまわりのこびりついた汚れには、飲み残しのビールが重宝します。さらし布に残ったビールを含ませて拭けば、汚れがサラッときれいになります。多少ビールのにおいが残ることもありますが、10分もすれば消えてなくなりますのでご安心を!

・ 桟や溝にたまったほこりを、筆1本でびっくり清掃
窓の桟やサッシの溝は土ぼこりがたまりやすく、雑巾ではなかなか取りにくいもの。代わりに古くなった筆を使いましょう。書道や絵の具などで使ったやや太めの古い筆1本と、水かお湯を入れたバケツを用意します。筆先をぬらしてほこりを寄せ集め、なんどもバケツで筆を洗いながらくり返します。湿った筆にはほこりが吸収されて、びっくりするほど溝がきれいになります。

・ 重曹をおくだけで、お部屋がクリーンに
どんなに部屋をピカピカにしても、イヤなにおいが残っていてはお掃除完了とはいえません。においを追い出すには、換気がいちばんですが、それでも気になるときは重曹を使います。きれいな空きびんに重曹をたっぷり入れて、玄関や台所、下駄箱の中など、匂いが気になるところにおいておきます。重曹が脱臭力を発揮して部屋がクリーンになります。

・ ユニットバスの水あかは酢と重曹におまかせ
洗剤でもなかなか落ちないポリ浴槽の水あかは、お酢と重曹で取ります。重曹をバスタブにふりかけて、お酢がたっぷりしみ込んだスポンジで磨いていきます。シャワーで洗い流して乾かせば、輝くような美しさになります。

さらに詳しい情報は、本誌124ページ「おばあちゃんの知恵袋」にてご確認ください。

「おばあちゃんの知恵袋」

steady.12月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読