[MonoMax 1月号付録]MA-1ライクな裏地がイケてる!BEAMSの上質BIGトートバッグ

本年度も残すところわずかとなりました。年末になると、得意先にカレンダーやお歳暮を持って挨拶に回ったり、なにかと手荷物が増えてしまいがち。
そんなときにぴったりなのが、モノ雑誌No.1「MonoMax」1月号の特別付録「BEAMS BIGトートバッグ」です!
創刊9周年を飾るのにふさわしい、この豪華付録については、「MonoMax Web」でも端的な速報をお届け済み!ですがニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」でも、負けじとその仕様をチェックしていきます!!

furoku01

付録制作にあたってコラボレーションしたのは、大人気セレクトショップ「BEAMS(ビームス)」。流行の最先端アイテムを日々扱うブランドの力を借りたお陰で、機能的かつスタイリッシュな大容量トートが生まれました!

↓ブランドのロゴ入りタグもアタッチ。どうやら牛革!
31335

イケてるポイントが多々ある、こちらのトート。ひとつずつチェックしていきましょう!

■上質生地にオレンジ色が効いたMA-1風デザインがイケてる!
今号の付録を箱から取り出した瞬間、おぉっと驚かされるのは生地の分厚さ。
表のネイビー色をした面はザックリと編みこまれたような生地、裏側にはつるりとした感触の内布を張り、2重構造に仕上げています。
この生地、ひと目見ただけで、付録のトートバッグの域を超えた高級感が感じられます。しっかりハリがある手触りも、頼りがい満点ですね!
しかも、水を弾く撥水加工済み。これなら突然の雨を恐れる心配もありません。

31339

さらにイケてるのが、バッグ内側からオレンジカラーがチラ見えすること。まるでMA-1のように、内布に鮮やかなオレンジ色を使用。ネイビー系の本体からのぞくビタミンカラーがハイセンスです!

furoku03

■書類、タブレット、ジャケットまでイン!キャパシティがイケてる!!
名前にも謳われているとおり、容量が超「BIG」なトートバッグ。
大きさは横(約)44cm×高さ(約)34cm×マチ(約)11.5cm。
具体的には、A4書類やファイルならヨユーでイン。暑くて脱いだパッカブルジャケットも、くるりと丸めて収納可。
さらにバッグフロント部分にはポケットを2つ装備。ポケットはそれぞれ、横(約)22cm×高さ(約)25cmという大きさです。これだけのスペースなら、iPadのような大ぶりなタブレットも入れられます!
カレンダー類やお菓子の箱詰めもラクラク持ち運べる収納力。年末年始の外回りを支えるために生まれたといっても過言ではないスペックです!

furoku04

ストラップ部分が長めなので、アウターを着たうえから、肩掛けで持つことも可能。

こんなデザイン性も高くて役立つ「BEAMS BIGトートバッグ」は、「MonoMax」1月号を買えば必ず手に入ります!

monomax01_%e8%a1%a81_%e7%b4%8d%e5%93%81_144dpi

さらに「MonoMax」1月号本誌では「第1回MonoMax 最優秀モノ大賞2016」を大特集!「カバン・オブ・ザ・イヤー2016」、「部門別 最優秀モノ大賞2016」と掲げて、今年、モノ好きの心を捕らえた逸品ばかりを選りすぐってご紹介しています!!

明日、12月10日(土)発売の「MonoMax」1月号、お見逃しなく!

「MonoMax WEB」

「MonoMax」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読