「いま広げたい言葉は“CAN友”」南 果歩 乳がんを乗り越えて

毎週月曜に放送中のドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)に、主人公の伯母役として出演中の女優・南 果歩(みなみ かほ)さん。2016年11月末からはハリウッドデビュー作となった映画「MASTERLESS」も日本での公開がスタート。女優として、着実に活動の幅を広げています。

その一方で、プライベートでは2016年3月に乳がんを手術。「2016年は激動の1年」だったと、本日、12月7日(水)発売の「大人のおしゃれ手帖」1月号インタビューで明かしました。

P016-017_COVER LADY _Bパターン.indd

幸い転移はなく、4月には復帰し、5月からの舞台にも立ちましたが、再発予防の治療もあり、夏はそれに専念。病気になって初めて見えてきたものもたくさんあり、大きなターニングポイントになったと果歩さんは振り返ります。

「2015年は夫のN.Y.での舞台があって、1月から7月まで月に1週間はN.Y.に滞在していたんですね。撮影の合間を縫って渡米していたので、その前後が必ずギチギチになっていました。(中略)
20代30代の頃からあまり変わっていないつもりで、動けると思って動いてしまう人も多いと思いますが、50歳も過ぎたら、ちゃんと自分の体に無理をしていないかと聞いてあげないとダメですね。(中略)
いろんなことを見直し改善していくきっかけが与えられたと感じています」

そして、そのきっかけを生かすべく、治療法や体の仕組などを勉強したそう。免疫力を上げるために、加圧トレーニングもスタート。自身同様、がんを経験した人とも積極的に会っているそうです。

「近頃は乳がんを経験した方たちにお会いして、色んな話をする機会を持っています。それぞれ病状は違っていても、共感できることがたくさんあり勉強になります。色んな情報も頂いています。私も自身がやってみてよかったことをおすすめしたり。これからもピンクリボン活動はやっていくつもりです。

あっ、今、広めたいと思っている言葉があるんですよ! がん患者さん同士の友だちをがん友というんですけど、もう少しイメージがいい言葉はないかな?と、CAN友という言葉を考えました。cancer(がん)のCANと、We canのCANで、CAN友。ね、響きも明るいでしょ(笑)?」

社会のためにまたひとつ、できることが増えたとやさしく微笑む果歩さん。

前向きに日々を送る果歩さんの姿に、大人世代の読者も励まされるはず。
ほかにハリウッドデビュー作の撮影秘話なども明かしてくれたインタビュー全文は、「大人のおしゃれ手帖」1月号16ページからご覧ください!

h1_144dpi

「大人のおしゃれ手帖」1月号は「素敵な人は、冬に何を着てどう暮らしている?」がメイン特集。モデルの優恵さん、はなさん、田沢美亜さん、香菜子さんといった錚々たるメンバーが、この冬の私服スタイルと過ごし方を大公開。他にも「およばれの日の装い」や「2016 大人のマイ『ベスト』コスメ」といったファッションやビューティ情報もたっぷりお届けしています。

furoku01

特別付録「プレインピープル 超軽量! キルティングトート」と綴じ込み付録「内田彩仍さんの2017カレンダー」、別冊付録「大人の透明肌は、クレンジングを変えるだけ!」という豪華な3大付録もセット!

「大人のおしゃれ手帖」1月号は書店やコンビニで発売中です!!

 

photograph: Isao Hashinoki
styling: Ayako Nakai
hair&make-up: Sachie Shigemi
text: Mika Miyoshi

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

「大人のおしゃれ手帖」最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読