大人可愛いワンピならZARA!岩堀せりがお手本です♪

12月に入ると、ちらほらと舞い込むのが忘年会やクリスマスパーティのお誘い。年が明ければ新しい年のご挨拶や新年会など、華やかな席が続きます。
そんなハレの場で身にまといたいのが、ワンピースやドレス。さらっと着るだけでサマになり、女性らしい華やかさも演出できちゃう便利なアイテムです。

この時期、特に着たくなるドレスを「オトナミューズ」1月号でも特集。
誌面では、ドレスを日常的に着こなしているモデルの岩堀せりさんが先生役として登場!岩堀さんといえば、大人可愛いドレスコーデを自身のインスタグラムでも度々紹介しています。インスタを見た「ミューズ」編集部もマネしたくなり、同じアイテムを買ってしまうことが多いそう。
では岩堀せりさんは、どのブランドのドレスを愛用しているの?

074-075

服を買うのはもっぱらオンラインというせり氏のインスタでよく見かけるのが「#ZARA」「#もちろんZARA」「#やっぱりZARA」というハッシュタグ。編集部の分析によると、ドレスに限らず、派手で可愛い格好をしているときはZARAの確率が高い。理由を聞くと「そのシーズンのキャッチーなトレンドを、いち早く上手に取り入れた服が多いから」と語る。

「特にプリントや刺繍ものは本当に上手。私はシンプルな服より、ZARAにしかないようなものを買う派です。このプライスで?って驚くくらい、ディテールもちゃんとしているものが多くて、トレンドを楽しむのにちょうどいいの」

確かに。ドレスのような全身で着るアイテムって、そのシーズンっぽ過ぎるデザインは、いち早く手に入れてたくさん着て、来年はより来年らしい旬の詰まった服を着たい。そんなトレンドサイクル事情にもぴったり。それでいて大人も着たいと思わせるクオリティ。

ハイブランドのワンピースかと思いきや、意外にも「ZARA(ザラ)」!
しかも毎週、新着商品をコマメにチェックするという熱の入れよう。

074-075

ランジェリードレスはビッグシルエットのアウターとか、あえて真逆のテイストを組み合わせるのがコツ。

キャミソールドレス、ムートンジャケット(共にザラ/ザラ・ジャパン)、ブーツはスタイリスト私物

次のページでも、ZARAドレスを着こなした岩堀せりさんのファッションスナップを掲載。「大人はつい地味な方向に行きがちだから、思いきりよく派手柄を着て」とミューズ読者に呼びかけています。

派手なZARAドレスを上手くスタイリングしている岩堀せりさんですが、靴や帽子など、小物でバランスを取るのがお上手!
特集内では「大人可愛く着るコツ考えてみました。」と題して、大人がドレスを着るテクニックもレクチャーしています。

「オトナミューズ」1月号74ページからの特集「憧れは岩堀せり 大人可愛くドレスが着たい!」をチェックして、年末年始のパーティにぴったりな華やかワンピースを手に入れておいてみては?

Photograph:YUJI TAKEUCHI[BALLPARK](model),MAYA KAJITA[e7](still)
styling:AKIKO KIZU
hair:SHUCO[3rd]
make-up:AIKO ONO[angle]
model:SERI IWAHORI

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

「オトナミューズ」最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読