貴重品からアンダーウェアまで!? 「MonoMaster」付録「ハミルトン」多機能バッグ活用術

ハリウッドと縁がある「ハミルトン」ロゴ入りバッグ

19430

本日、11月25日(金)発売の「MonoMaster」。特別付録は、本格腕時計ブランド「ハミルトン」のロゴが入ったコンパクトなバッグです。
アレンジ自在な仕切りが4枚(大×2枚、小×2枚)装填されており、そのほかにもペン差しやファスナー付きポケットなども装備。時計はもちろん、小物の収納にも便利なサイズで「バッグインバッグ」としても使え、さりげない高級感があるのもポイントです。
(詳しくは「MonoMax Web」の付録レポートもご覧ください!)

意外に持っているアクセサリー専用ポーチに!

treasures_003_01_b

もはや男性だって普通にアクセサリーを身につける時代。でも買った時のまま、化粧箱で保管するケースが多いようです。女性ほど数を持っていないからか、専用ポーチという意識が低いんですね~。
そこで、この多機能バッグが活躍しちゃいます。細かい仕切りをアレンジして、バングルやネックレス、リングなどを分けて収納。バッグの内側は柔らかい素材なので、貴金属に傷がつく心配もありません。外装も内装もブラックで統一されており、シルバーアクセなどが探しやすいのも助かりますね。

オトコだってしまってほしい…アンダーウェア用に

treasures_003_02_c

旅行や出張前に服をトラベルバッグに詰め込んでいる時、ふと気がつくことありませんか?「下着どうしようか……」と。
まとめないでバッグに詰め込むと、開けた瞬間に散乱、パンツ祭りになる可能性があります。
そこで、この多機能バッグを敢えて「アンダーウェア」専用にするのはいかがでしょう。アンダーウェアを詰めておけば、トラベルバッグを開いてもすぐに探せますし、散らかる心配もない。試してみたところ、ボクサータイプなら7枚は収納可能です。1週間用としてサイズもちょうどよく、何より「アンダーウェア用」に見えない高級感があり、キチンと整理しておけば、その後の仕事もキチンと処理できます、多分ですが。

ルアーや毛針など釣りの仕掛け入れ専用バッグに

treasures_003_03_a

コンパクトだけど高級感のあるバッグは、大切な趣味用小物入れとして活用できそう。特に釣りが趣味の人にはルアー専用ケースにするのがおすすめです!
狙う獲物や攻め方によって様々なルアーを使うのが定番ですし、一回の釣りでも数種類のルアーを使い分けることが多いはず。その都度、大きなタックルボックスを開く必要もなくなります。
フローティングやスピナー、ワームなど種類別に仕分けておけますし、丈夫な生地なので多少の汚れや水もヘッチャラ。
もともとミリタリー風デザインのシリーズも展開する「ハミルトン」だから、アウトドアなシチュエーションにも似合いますよね。

小型バッグとしても「バッグインバッグ」としても、上手に使いこなしたい

treasures_003_04_b

貴重品や高価な小物を入れる小さいバッグは、高級感があってシンプルなデザインがベスト。
その点でも、この仕切り付き多機能バッグは、丈夫なブラックの生地に同じくブラックアウト化されたファスナー、ワンポイントで輝く「ハミルトン」のロゴとその条件にぴったりです!
また内側の柔らかい素材は、貴金属など高価なモノの収納に嬉しい仕様。個人的には、隠しておきたいパスポートや通帳、実印などの印鑑類の保管用にバッチリかなと。ええ、もちろんバッグは人目につかないところに置きますよ。

※記事中でご提案した使用例については使用環境などをご配慮のうえ、安全面をご確認のもと、各自のご責任においてお試しください。

「MonoMax Web」

「MonoMaster 傑作カバン特集号」

「MonoMax」最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読