コーデから選び方、カタログまで! miniガールズの自転車入門

元気なmini女子必須移動手段の自転車。mini12月号では、自転車コーデから、選び方、可愛い自転車カタログまで紹介中! treasuresでは、おしゃれ可愛い自転車ブランド&その歴史をお届けします。(撮影:米玉利朋子)

mini1412byscle.jpg

・ プジョーサイクルズ(フランス)
自動車でおなじみの「プジョー」。その歴史の始まりは自転車製造にあり、19世紀初頭にペッパーミルなどを製造する金属製造業者が起源。日本では販売が途絶えていたが、2012年より再登場。

・ ビアンキ(イタリア)
1885年、エドワルド・ビアンキにより創業。1895年マルゲリータ女王の依頼により初の女性用自転車を製作、ブランドカラーのチェレステ(イタリア語で天空の意)は女王の瞳の色が由来。

・ ルイガノ(カナダ)
機能性とファッション性で欧米を中心に世界中で愛されているルイガノ。1983年オリンピックの代表でもあったルイガノが、自宅ガレージでウェア用品などの企画販売を始めたのが最初。

・ フェルト(ドイツ)
ジム・フェルトが1980年代に始めた高品質なバイクを求めやすい価格で提供するフェルト。開発&生産されたバイクは世界のトップレースで多くの勝利を獲得。その性能を証明している。

・ ヤマハ バス(日本)
昨年20周年を迎えた、世界で初めて電動自転車を開発したブランド。親子で乗れるタイプからおしゃれな小型車までの豊富なバリエは、電動アシスト自転車のパイオニアだからこそ。

さらに詳しい情報は、本誌118ページから「miniガールズの自転車入門」にてご確認を。

mini12月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読