森絵梨佳さんが着る、“男の子アイビー”を作る4大アイテム

とどまるところを知らないベーシックブーム。mini12月号では、ベーシックの中に潜む今どき感を探して、ファッションアイテム&着こなし&メイクまで、あらゆる「今っぽいね♥」のキーワードを解説しています。treasuresでは、アメリカの伝統的な学生スタイル・アイビールックをちょこっと取り入れたコーデを一部お届けします。(撮影:鈴木新、米玉利朋子、スタイリング:林田夏苗、ヘアメイク:Tori、モデル:森絵梨佳、イラスト:福田由起子)

スーパーメンズライクにいきたい真冬にアイビールック。まずは、“男の子アイビー”を作る4大アイテム・パーカ、ニット、キレイめパンツ、デニムパンツの4つを押さえましょう。

mini1412pk.jpg

・ パーカ
スウェットは鉄板アイテム。顔まわりも小さく見えて、コーデのバランスがとりやすいフード付を選んでみて。まず買うならドシンプルなネイビーのパーカを。ボルドーカラーは肌なじみもよく、季節感も演出できます。ライトな印象で使いまわしやすいのはグレー。

・ パンツ
ハンパ丈にすることで、ソックスなどで遊べてコーデの幅が広がります。グレーか黒を選べばかっこよさもUP! タック入りのものなら、美シルエットが叶います。

mini1412knit.jpg

・ デニム
アイビールックに必須なのが濃い色デニム。ほかにデニムに比べ、キチンと感があるため。最も旬なのはノンウォッシュの硬めデニム。シワ加工のものを選べば、オシャレ上級者に!

・ ニット
真冬でも一枚で過ごせちゃいそうな厚手のケーブルニット。首元はツマりぎみ&ジャストサイズが今季っぽい。キレイなモスグリーンを選べばグッと大人っぽい雰囲気に。オフホワイトなら、冬でも明るいコーデに。

さらに詳しい情報は、本誌20ページから「NEWスタンダードはちょいアイビー♥」にてご確認を。

mini12月号はこちら! 

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読