冬に必須のまとめ髪 進化系お団子“メッシーバン”をゴム1本で作る!

寒さが増すと温めたくなるのが首元。タートルニットやストールなどで防寒すると、首周りはぬくぬくになれども、ヘアスタイルがうまく決まらな~い!
そんな時に頼りたくなるのが、まとめ髪。アップにすることで首周りはすっきり。ストールも巻きやすくなります。
では、どのように髪をまとめればいいのか。トレンドを押さえたいなら、断然オススメなのがメッシーバンです!

P094-095_ヘアアレンジ_S.indd

「崩れたお団子」という意味のメッシーバンは、海外セレブやお洒落女子のSNS写真で注目され、日本でもブームとなりつつあるまとめ髪。サッとまとめたようなラフな雰囲気ながら、大人っぽさも漂うのが魅力です。また、へアピンを使わずゴムひとつで簡単に作れるので、不器用さんや忙しい女性からの支持も絶大。

ゆるさが魅力のメッシーバンですが、ラフすぎると生活に疲れている人みたいになっちゃう危険が。ゆるっと感を上手に演出するにはどうすればいいのでしょうか?
では、まずは基本の作り方をチェックしましょう!

P094-095_ヘアアレンジ_S.indd

ゴムだけで完成させる!
How to Arrange

(写真右上から左へ)
1
髪を手ぐしでまとめて耳下の高さで結ぶ。毛束は抜ききらず輪っかにする。

2
結び目を押さえながら、トップ、後頭部の表面から少しずつ毛束を引き出す。

3
結び目を押さえながら、輪っか部分の髪を指で引き出し、軽く崩す。

4
毛先部分に指で逆毛を立てる。こうすると毛束に動きが出やすくなる。

(写真右下から左へ)
5
毛先をねじりながら輪っかの根元に巻きつけお団子に。後れ毛が落ちてもOK。

6
結び目に毛先をかませて固定する。お団子は指で広げてラフにほぐす。

7
耳上の髪を軽く引き下げて耳にかぶせる。うっすらと耳が見える程度が理想的。

8
顔まわりの後れ毛や引き出した毛束にワックスをつけて毛束感と動きを出す。

また、より洒落見えを狙うなら、シルエットと毛流れを意識して作りましょう♪

P094-095_ヘアアレンジ_S.indd

シルエットと毛流れにこだわれば洒落見えする!

(写真 右上)
トップはふんわりさせる
毛束ひとつひとつが空気を抱えているような、柔らかな毛流れを作り、脱・地味ヘアに!

耳は半分くらい隠す
髪で耳を隠すだけでたちまち洒落感がアップ。半分か上に少しかかる程度が好バランス。

(写真 中央下)
崩れそうなくらいゆる~く!
たゆんとしたシルエットが可愛いので、ラフに結ぶように意識。後れ毛も味となります。

ゴムは見せないようにする
黒ゴムが見えると生活感が漂います。毛先で隠すか、飾りゴムを使って後ろも抜かりなく。

これでトレンド感満載のまとめ髪、メッシーバンを攻略できるはず♪

誌面ではさらにストールや首あきニットに似合うアレンジ・メッシーバンの作り方や、こなれ感を出す仕込みと仕上げのコツをご紹介しています。

詳しくは「InRed」12月号94ページから「大人のまとめ髪は『#メッシーバン』」でどうぞ!

 

撮影=熊木 優、川原 歩(スナップ) 
ヘア&メイク=河嶋 希〈io〉、イワタユイナ(スナップ) 
スタイリング=MORIYA 
モデル=高山 都、作田香織〈InRed女子部〉、大木 南〈InRed女子部〉 
取材・文=片山幸代

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「InRed」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読