高畑充希 キャバ嬢役に大苦戦!? 蒼井優の一言で新境地

mini_12-hy1

ストリート派の女子に向けた雑誌「mini」12月号は11月1日(火)発売。
表紙を飾っているのは女優の高畑充希(たかはた みつき)さんです!

先月、放送が終了したNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で、ヒロインの常子を演じた高畑さん。
病死した父に代わり、妹と母を守るため奮闘する常子の姿に、心を掴まれた視聴者も多かったはず。

ひたむきな常子役から一転、12月3日(土)に公開される映画「アズミ・ハルコは行方不明」で高畑さんが演じるのは、なんとキャバ嬢役だそう!
本誌のインタビューでは、苦労したという役づくりについて語ってくれました。

P014-015_カバーガール_校了.indd

映画は、山内マリコさんの長編小説が原作。
独身OL・安曇春子の失踪事件をきっかけに起こる出来事を、失踪以前と失踪後、2つの時間を交錯させながら描いていきます。

高畑さんが演じるのは、春子をモチーフにしたグラフィティポスターを拡散させる謎の若者集団「キルロイ」のメンバー、愛菜。
キャバクラに勤める20歳のギャルというクセのある役柄です。
「とと姉ちゃん」で築いた常子のイメージからは、かけ離れた役を演じることに、戸惑いもあったのではないでしょうか。

「大きな作品に携わることができてわかったのは、もちろんその役をまっとうする難しさもあるけれど、その役から脱皮することも難しいということ。
イメージを持っていただけることは嬉しいけれど、そこに縛られずちゃんと更新していかなきゃと思っていて。
本当に愛菜を演じられてよかった」

無事に撮影が終了した今でこそ、そう振り返る高畑さんですが、やはり役作りには相当苦労したとか。 

「愛菜は、誰とでもすぐ関係を持ってしまうし、人に影響されやすくて、さみしさを持て余しているような女の子。
正直、自分の中に愛菜の要素はまったくなくて、どう演じたらいいのか迷ったし悩みました。」

そんな朝ドラ女優のピンチを救ったのは、共演者である女優の蒼井優(あおい ゆう)さん。
高畑さんは、苦戦する愛菜の役作りについて蒼井さんにも意見を求めてみたんだそう。
 
「主演の蒼井優さんにも相談したことがあって、『一番難しい役どころだよね。でも、その捉えどころがないところが愛菜っぽいのかも』と言われて、愛菜を理解しないまま演じてもいいのかもと思ったんです。」

頼れる先輩女優の一声をきっかけに愛菜役への道を見出した高畑さん。その熱演に今から期待が高まります!
12月3日(土)に迫った映画の公開が今から待ちきれません。

こちらのインタビュー以外にも、気になる内容が盛りだくさんの「mini」12月号。
メインのファッション特集では「女の子のためのストリート講座♥」をテーマに、一発でおしゃれに見える秋冬ウェアや、着こなしのテクニックをご紹介しています!

furoku01-50

さらにブランドアイテム特別付録は「フリークスストア特製 超でかトートBAG」!
BIGトートバッグは、通学に旅行に大活躍すること間違いなし。
蛍光オレンジのブランドタグがポイントのボーイッシュな仕上がりです♪

付録も本誌の中身も豪華に仕上がった「mini」12月号。
今日の帰り道はコンビニ&書店でチェックしてみましょう!

 

photography_SHU ASHIZAWA [ s-14 ]
styling_MAI FUKUDA
hair&make-up_ASAMI NEMOTO
text_HAZUKI NAGAMINE

※誌面画像の無断掲載はご遠慮ください

「mini」12月号のお知らせ

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読