ファッションにも自然からのお裾分けを♪“収穫祭”をテーマにコーデ

ふわっとやさしい暮らし&おしゃれを提案する雑誌「リンネル」は、ただいま12月号が発売中。連載コーナー「Liniere Cafe」では、「リンネル秋の収穫祭」をテーマにお届けしています。

スタイリストの轟木節子さんと、編集者・安達 薫さんが毎月のテーマに沿って、気になるものをピックアップする、このコーナー。
今回は秋の豊かな収穫を、ファッションで楽しもうというコンセプトです。

A(treasures編集部注:安達 薫さん) 植物染めやハーベストエプロンなど、実りの野菜にまつわるトピックスをびました

T(treasures編集部注:轟木節子さん) 自然からのおすそわけをファッションでも。食べられる野菜などからのめものをめました。

さっそく、ピックアップされたアイテムを見ていきましょう。
まずは志村ふくみさんが手掛けた玉ねぎ染めのストールを2点ご紹介。どちらも玉ねぎで染めていますが、色を定着させるために行う媒染という作業で何を使うかによって、色合いが異なるそうです。

015

圧倒的な美しさ。人間国宝の染織家・志村ふくみさんのatelier shimura のストール。11/3から青山のtobichi で販売。

(右)玉ねぎ×ミョウバン染め、(左)玉ねぎ×鉄染めストール /ほぼ日刊イトイ新聞

ほかにも誌面ではローズマリーやオレガノ、ざくろ、ブルーベリーと、さまざまな植物で染められたウェアが勢ぞろい。
さらに、こんな収穫スタイルの着こなしを楽しめる「ハーベストエプロン」も登場。

A (中略)お腹のホール部分でリボンを結ぶと、写真左のように収穫したものを入れられてチャーミング!

015

A お菓子研究家・福田里香さんと代官山coccaがコラボレーション。

T ハーベストエプロンというアイデアもいい!

エプロン、トートバッグ /すべてESILINA by ricca+cocca (cocca)

ついでにカゴバッグをスタイリングしてみれば、ヨーロッパの田舎で暮らす農婦風!?

015

A これからの季節にマルシェに持っていくと、気分が盛り上がりますね!

T ノスタルジックなニットのかぶせがかわいい。

別注かごバッグ /ムーニュ(エリオポール銀座)

こんなストーリーがあるファッションアイテムを着ていると、何かの拍子に話題が広がり会話の糧となることも。
植物とは縁がない生活をしているという人も、ファッションにさりげなく取り入れて、ユニークな1人収穫祭を楽しんでみてはいかがですか?

詳しくは「リンネル」12月号15ページからでどうぞ!

 

撮影/花田 梢 
スタイリング/轟木節子 
文/安達 薫

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「リンネル」最新号のお知らせ

 

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読