外回りOLやお迎えママご指名!楽ちんブーツまとめ

仕事や育児で、とにかく多忙な30代女子。朝から晩まで歩き回って、夜には脚が痛くなってしまう毎日。
あぁ、動きやすい靴が欲しい。でも毎日スニーカーばかりだと飽きちゃうし、きちんとした場所へは履いていきづらい。

そこで「InRed」11月号では特集「パンツに合わせるブーツが知りたい!」の中で、とにかく歩き回る日に向けた楽ちんブーツをご紹介。多忙な30代女性4人の普段のコーディネートを通して、楽でお洒落なブーツスタイルを提案しています。

では早速、きれいめワーキングガールにぴったりの楽ちんブーツをピックアップ。

P080-081_ブーツ.indd

一日中外回り!代理店で働くA子
きれいめジャージに「浅履きブーティ」できちんとしつつ快適!
人に会うことが多い仕事だけに、きちんと見えるうえに楽なブーティが手放せない。ハイヒールならジャージー素材のパンツもきちんと見える。

続いては、走り回ることの多いカメラマンやスタイリストの足元をイメージ。特に撮影時に靴を脱ぐことが多いカメラマンには、脱ぎやすいサイドゴアのブーティがオススメです。

P080-081_ブーツ.indd

ロケや取材で働き詰め!カメラマンC子
丈夫なデニムに「浅履きサイドゴア」で乗り切れる!
しゃがんだり、地面に膝をつくことも多い仕事柄でデニムパンツが定番。脱ぎやすく洒落て見える浅めブーツは動きやすいローヒールを選ぶ。

P080-081_ブーツ.indd

リースに駆け回るスタイリストD子
体を締めつけないサテンパンツに楽な「ゴム底ブーツ」
職業柄、トレンドアイテムを抑えた洒落コーデがマスト。1日リースの日はサテンパンツにソールがゴムで歩きやすいスニーカーブーツで疲れを軽くする。

最後は、お迎えや食材の買出しで、てんてこ舞いのママが履きやすいブーツ。

P080-081_ブーツ.indd

お迎え、公園、スーパー走り回るママB子
動きやすいジョガーに「スノーブーツ」が重宝しています!
時には子どもを追いかけて走ることもあるママはスノーブーツが強い味方! 

生活スタイル別に提案した4種類の楽ちんブーツ。ワードローブに取り入れられそうなものは見つかりましたか?

全12ページに渡って、今年履きたいブーツを総力取材した特集「パンツに合わせるブーツが知りたい!」
冬用シューズのお買い物の参考に、「InRed」11月号でチェックしてくださいね♪

撮影=YAS FUKUTA(人物)、草間大輔(静物)〈impress+〉、奥村亮介〈スタジオバンバン〉(取材)、和久井ひとみ(取材) 
スタイリング=MORIYA 
ヘアメイク=千葉万理子〈Permanent〉 
モデル=浅見れいな、木下ココ、佐藤 彩 
取材・文=中村三枝子

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「InRed」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読