華奢に見せるニットNo.1は“肩落ち”に決定!

ここ数日で、ぐっと気温が下がり、秋めいた東京。ようやく暑さを感じずに、ニットを取り入れたコーディネートが楽しめるようになりました。

先週末に発売した「InRed」11月号では、そんないまの時期にぴったりな、ニットが主役の特集をお送りしています。
メイン特集「ニットを着るだけでズルいほど華奢」では、袖を通せば即・華奢に見せられる旬ニットにフィーチャー。リブニットやニットガウン、コスパニットなど、いま着るべき細見えニットをテーマごとにレクチャーしています。

そして、この特集内でズルいニットNo.1として認定されたのが、コレ!

ズルいニットNo.1は、ゆるめの肩落ち に決定!

ゆったりラインかつドロップショルダータイプのニットのトップスです。
では、そのズルさの秘密を解説しましょう!

体をゆったりと包み込んで華奢な体を連想させる!

ゆるめの肩落ちがズルいのは、ずばり体型カバーもできる上に、そのゆったりとしたシルエットに体を包み込むことで、女性らしい細く華奢な体を連想させるから。(中略)
ニットからのぞく首元、鎖骨、手首など、細い部分を強調したパーツ見せが、隠れたボディを細く連想させるのに有効なんです!

具体例が、コチラ。

P042-043_巻頭 ニット.indd

このコーディネート、体を華奢に見せる3つのポイントがあるんです。

(モデル着用分 上から)

ドロップショルダーで肩幅を小さく見せる

ざっくりとした質感で体の肉感を曖昧にする

ぴったりボトムで下半身から華奢見せする

そして後ろ姿まで、抜かりなく華奢見せ♥

P042-043_巻頭 ニット.indd

360°のざっくり感で、バックショットの肉感も抜かりなくセーブ。絶妙なチュニック丈でお尻も自然と隠れる位置に。

・背中のハミ肉もなし!

・ロング丈でお尻も隠れる

もこもことした質感のお洋服で華奢な私を印象づければ、気になるあの人からも守ってあげたいと思われるかも!? まさにズルいスタイリングですね♪

続いて特集内の「パッと見、細っ! 気になるパーツは『隠す』と『見せる』を使い分ける」というコーナーでも、ニット素材のお洋服の着やせテクをご紹介しています。

コートを羽織らず、ニット1枚で過ごせる今の時期だからこそ攻略しておきたい華奢見せスタイリング。「InRed」11月号を読んで、しっかり学びましょう!!

撮影=玉井俊行(人物)、梶田麻矢〈e7〉(静物)
スタイリング=MORIYA
ヘア&メイク=千葉万理子〈permanent〉 
構成&文=小嶋多恵子 
イラスト=ユリコフ・カワヒロ

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「InRed」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読