ヘアメイクのカリスマ・河北裕介が提案 印象的な上品目元が盛らずに完成!

お仕事中はPCとにらめっこ、オフタイムもLINEやSNSのチェックでスマートフォンを頻繁にチェック。疲れ目やドライアイがひどくて、目をこすったら入念に仕上げたアイメイクが台無しに……。
現代の女性なら誰でも一度はこういう経験をしているのではないでしょうか?
中には、どうせ目をこすっちゃうからアイメイクなんてしない!と諦めている人もいるかもしれません。

ですが、マスカラやシャドーなどで盛らずとも、印象的な目元を仕上げる方法があるそうなんです!
そう提案してくれているのは人気ヘア&メイクアップアーティストの河北裕介(かわきた ゆうすけ)さん。ミニマムメイクで女性の魅力を引き出せる河北さん、「&ROSY」誕生号40ページからの特集でも盛り盛りメイクは子供っぽいと説いています。

では、盛らないけど印象的なアイメイクを仕上げるなら、何が一番大切なの?教えて、河北さん!

p40-41-1

 “ ばっちり描いたラインもたっぷりマスカラも卒業。
大事なのは眉をしっかり描いて顔のフレームを整えること ” 

エフォートレスなのにきちんと感があって、美しい。そんなアイメイクの秘密は、眉にあり。

「アイラインやマスカラをたっぷり使ってアイフレームを強調しなくても、眉をキレイに描けば印象的な目元になります。眉は、若さと人格の象徴。眉に自然な太さと濃さを出すだけで、生き生きとした、芯のある女性に見えてきます」

なるほど~、つまりはアイメイクにヌケ感を取り入れるということね!
……って具体的にどうすればいいのでしょうか……?

p40-41-1

 “ 例えば、マスカラをさらりと上まつ毛だけ塗るとか ” 

 「ヌケ感を言葉で説明するのは、すごく難しい。
例えばアイメイクをするとき、あえてアイラインを省いて、マスカラを上まつ毛に軽く塗るだけにしてみてください。そのときは、カーラーも不要。まつ毛は下がり気味でOKです。
いつもに比べてイイ感じにふわっとする、それがヌケ感。盛らずに美しく見せる大人のメイクには、必須だと思います」

このマスカラを上まつ毛だけ塗るというテクニックについては、同ページで教えてくれている上品な目元の作り方でも指南してくれています。
基本のアイメイク方法について、モデル・石川亜沙美さんのキレイなお顔を眺めながら学んでいきましょう!

p40-41-1

 基本メイク
上品な目元の作り方

素の美しさを生かした優しい眼差しに

 大人になったら、アレもコレも盛るメイクは卒業。思いきって何かを省くこともひとつの手段、と河北さん。
「大人ベーシックとして提案したメイクは、アイラインを入れていません。まつ毛を上げることもしていません。そのほうが、くつろいだ雰囲気のニットに合う、程よい目ヂカラに仕上がるからです。
セオリー通りにする必要はありません。全体の雰囲気を重視して何かを省ける余裕こそ、大人の美しさを演出する秘訣だと思います」

How to make-up:
アイカラーはナチュラルなブラウンを選び、上まぶた全体に伸ばします。ディープなブラウンを上まぶたに沿って細く伸ばし、目元を引き締め。先にのせたブラウンとなじませて。
上まつ毛はカーラーで上げずに、黒いマスカラを軽くオン。眉は毛の足りない部分をパウダーで埋めて、太く短めに整えます。

特集内では他にも、大人の目元に似合うアイカラーやライナー使い、トレンドのボルドー色を取り入れたメイク方法についても解説。美女プレス3名のアイメイクにまつわる悩みも解決してくれています。

詳しくは、ただいま発売中の「&ROSY」誕生号40ページからの特集「盛らないのに印象的! 美人目元の作り方」でどうぞ♪

photo:YUJI TAKEUCHI[BALLPARK] (model), SHINSUKE KOJIMA (still)
hair&make-up:YUSUKE KAWAKITA
styling:SHOCO
model:ASAMI ISHIKAWA
text:YUMIKO KAZAMA

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「&ROSY」特設サイト

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読