35歳からのキレイは“品格美容”!井川遥に学ぶ大人美肌の作り方

“大人の美容に「品格」を!

メイクやスキンケアを大人目線で楽しむための、30代~40代女性に向けた新ビューティーマガジン「&ROSY(アンド ロージー)」が、本日、9月21日(水)に誕生しました!

%ef%bc%86rosy_hy01_150dpi%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%be%8c

歳を重ねると、笑ったときに自然と生まれる目尻のシワやほうれい線。それらは幸せの証であると「&ROSY」は考えます。

加齢を否定するのではなく、年齢を重ねた自身と素直に向き合い、
今の自分にぴったりのキレイ磨きができればいいんです。

エネルギッシュだった20代のころとは違うちょっと引いたアプローチ、
それは、美容とファッション、ライフスタイルをトータルで捉えること。
バランスよく表現することで、洗練された大人の気品美は生まれます。

そんな品格のある美容を提案する雑誌、それが「&ROSY」です。

では、まずは誕生号の表紙を飾った女優・井川遥(いがわ はるか)さんから、「&ROSY」読者が目指すべき気品美肌とはどのように生まれるのか教えてもらいましょう。

p24

2児の母でもあり、今年で40歳を迎えたという井川遥さん。年齢を重ねるごとに魅力を増す、その「大人美肌」を育てる秘訣は何なのでしょうか?

「&ROSY」誕生号24ページからのカバーストーリーで、井川さんはプロデュースするようなスタンスで肌と向き合っていくことを目指していると明かしています。20代のころと比べると、ご自身の中でもキレイに対する意識の変化があったそうです。

キレイの基準も変わりました。メイクのテクニックが気になった20代のころとは違い、光が差し込んだような肌のツヤや、伏し目になったときに生まれる陰影……どこか、その人の内側が透けて見える仕草や瞬間に、ハッとするような美しさを感じるようになりました。(中略)

そんなパーソナルな部分を表現するためには、メイクは引いていった方がいいのかもしれません。(中略)

メイクを引いた分、逆に力を注ぎたいなと思うのは肌感。内から輝くようなツヤや、透明感を纏うことができるなら、肌にとってそれを超えるアクセサリーは他にないと思うんです。

近ごろでは下地を上手に使って、その上に重ねるメイクは最少にすませる傾向だそう。

「ほんのり素顔が覗く仕上がりが、今の私の理想です。」

p31

さらにカバーストーリー内では「井川さんに聞きたい気品美のエッセンス」と題して、井川さんのキレイの秘密に迫る質問を7項目ご用意しました。

内側から輝き続ける井川さんにとって、美肌とは何なのか。じっくりと語ってもらった特集は「&ROSY」誕生号24ページからをご覧ください!

他にもイガリシノブさんや河北裕介さんなど、日本の美容シーンを牽引するアーティスト達が大集合した「&ROSY」創刊号。
「35歳からのキレイは運命を変えられる!」をメインテーマに、秋色を使ったメイクやスキンケア情報、ヘアスタイリングにネイル、大人の気品美を下支えするライフスタイルに至るまで、美容に関するトピックスを幅広くお届けしています。

さらに「フローフシ モテライナー リキッド」と

furofushi

「コモエース 潤い感じるクロ猫アイマスク」という、豪華な2大付録がセットに。

nekomask
共感できる美容雑誌が見つからない……とお困りだった大人女子の皆さん、今日は書店&コンビニで「&ROSY」誕生号を入手してから帰りましょう!

 

model:HARUKA IGAWA
photo:MAKOTO NAKAGAWA[3rd]
make-up:SADAE SASAKI
hair:ASASHI
styling:NAOKO TSUJI
text:HIROMI SAKURAI 

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「&ROSY」誕生号 特設ページ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読