毎日活躍!“ラクでおしゃれ”な大人の秋イチパンツ4種類

歳を重ねるにつれて、ゆるみがちなのがボディライン。ある日ふと、鏡に映った自分の二の腕やヒップ、太ももを見て、もう20代の頃の体とは違うんだ……と痛感したのは、いつのことだったでしょうか……。

そんな私たちにとって喜ばしかったファッション業界でのニュースが、幅が広いパンツの流行!
思い起こせば昨年ごろから、パンツの幅は徐々にワイド化。加齢とともにゆるっとしがちなお腹周りが、お洒落にカバーできるようになったのです!!
そのトレンドは、嬉しいことに今季も継続中。ゆるめシルエットのパンツが豊作となっています。

ただいま発売中の「大人のおしゃれ手帖」10月号でも、秋のパンツにクローズアップ。
特集内ではスタイリストの平井律子さんが秋冬ボトムとして、サルエルパンツ、ニットパンツ、ワイドパンツ、テーパードパンツの4つのスタイルをオススメしてくれました。どれも今年らしいリラックスムードただようシルエット。ウエストがゴム仕様になっていたり、はき心地がよいものも増えているんですよ。

では、オススメの4スタイルを一緒にチェックしていきましょう!

サルエルパンツ

定番服に合わせるだけで大人モードに見違える

P022-023_パンツスタイリング.indd

(写真左から)

1.温かみのあるオフ白のウール地を活かした、ふっくらと丸みのあるフォルム。膝下の切り替え部分やポケット脇に色糸でハンドステッチが施され、着こなしのほどよいアクセントに。/ババグーリ 

2.秋の着こなしになじむ、深みのある色みのコットンリネン素材。ストライプ柄の縦ライン効果ですっきりと着こなせて、はくだけでモードな印象に。トラッドなジャケットを着崩してもおしゃれ。/ヴラス ブラム(ヴラス ブラム目黒店)

3.ウエストがドローストリングなのでラクちん。シルエットもルーズすぎず、通年で使えるグレーリネン。/コロニー(ファラオ)

ニットパンツ

こなれて見える今シーズン注目のニューカマー

P022-023_パンツスタイリング.indd

(写真左から)

1.ジョグパンツもニット素材になるとこんなに新鮮。スウェットパンツ風にさらりとはいても、レギンス感覚でワンピースに合わせても素敵。/マカフィー(トゥモローランド) 

2.落ち感がいいのでワイド幅でもボリュームが出すぎず、ストライプ柄の縦ラインを生んでほっそり。トップスをインしてもサマになるデザイン。/アールエヌエー エヌ(RNA Inc.)

3.ヘリンボーン柄の厚手ニット×サルエル風なシルエットが新鮮。着こなしの主役にしたいおしゃれ感。腰や太もものシルエットが出ず、体形カバー効果も狙えます。/ネストローブ(ネストローブ 表参道店)

ワイドパンツ

人気継続のワイドはフルレングスが秋のトレンド

P022-023_パンツスタイリング.indd

(写真左から)

1.秋冬の装いに活躍してくれるウールツイードのタックパンツ。ダブルの裾がメンズライクな雰囲気でシャツやジャケットとの相性も抜群。/サリー・スコット(ニューヨーカー) 

2.太畝のコットンコーデュロイでタテ感があり美脚効果も期待大。ボリュームがあるのでショートトップスでバランスよく着こなしたい。/ギャルリー・ヴィー(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

3.ワーク風なハリのあるリネン素材がメンズっぽい雰囲気。ベルト付きなのでトップスインもしやすく、幅広いスタイリングが楽しめます。/ネストローブ(ネストローブ 表参道店)

テーパードパンツ

抜群の着まわし力と美脚効果を誇る王道パンツ

P022-023_パンツスタイリング.indd

(写真左から)

1.脇の縫い目が前側にくるように仕立てられた美脚シルエットのウールパンツ。ウエストのドローストリングがアクセントに。/パドカレ(パドカレ六本木) 

2.きちんと感のあるウール混のストライプ柄。イージーパンツ風なウエストがこなれた印象で、カジュアルスタイルにも活躍。/ディ・ダヴル・トゥアール(マツオインターナショナル カスタマーサービス)

3.スタンダードなデザインでオン・オフ問わず着まわしが効くコットンリネンの黒パンツ。タック入りで腰まわりにゆとりがあり、着心地も満点。/ヴラス ブラム(ヴラス ブラム 目黒店)

どれもルーズなシルエットで、こなれた着こなしが楽しめそう!
でも、実際にコーディネートに取り入れるなら、どんなトップスや小物と組み合わせればいいの?

そこで誌面では、おしゃれな大人世代の業界人や人気ショップのスタッフをお招き。お気に入りのパンツを使った1週間のコーディネート例を教えてもらいました。

P016-017_パンツスタイリング.indd

トップバッターとして登場したのはアートキャンドル協会理事長のマエダサチコさん。
マエダさんは長時間、キャンドル制作を行うことが多いため、ゆったりラインのパンツを愛用しているそう。ですが動きやすいボトムに、女性らしい色合いや、きちんと感があるアイテムを組み合わせることで、大人の女性にぴったりなコーディネートを作り上げています。
誌上では、そんなマエダさんがスタイリングをするうえで重視しているパンツコーディネート3か条もご紹介。

秋冬向けボトムを選ぶときのヒントが詰まった特集「おしゃれな大人はパンツをどうはいている?」は「大人のおしゃれ手帖」10月号16ページから掲載しています。

photograph:Naofumi Mioki、Chiemi Nakajima
styling:Ritsuko Hirai 
text:Hiroko Kuroki、Mizuki Sakaguchi

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「大人のおしゃれ手帖」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読