有村架純「清純派、正統派といわれるのがいやな時期もありました」

働く女性を応援するファッション誌「steady.」は9月7日(水)発売です!
表紙を飾っているのは、バーガンディのニットに身を包んだ女優の有村架純(ありむら  かすみ)さん♪
本誌でも、ネイビーやグリーンなど秋らしいカラーの洋服を、着こなしてくれました!

TP041-043_steady

「steady.」に登場するのは、約7ヶ月ぶりという有村さん。
なんだか久しぶりな気がしますが、それもそのはず!
7ヶ月前と言えば、今年3月まで放送された連続ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の撮影、真っ只中。

放送終了後も休む暇なく、今秋公開の映画「何者」がクランクインするという超多忙な日々を送っていたとか……。
本人も、その時期が1番体力的にしんどかったと振り返るなど、かなり感慨深そう。

TP040-043_steady.indd

有村さんが、気力を振り絞って挑んだ「何者」は、作家・浅井リョウさんの同名小説が原作で、大学生の男女が、就職活動を通して自分は何者なのかを探っていくというストーリー。

扱うテーマゆえに、自身のアイデンティティについて考える機会も多かったそうで、
(略)私は頑固で、それでいてマイペース。自分がこうだと思ったら、それをなかなか曲げられないところがあるかも。」と自己分析。
劇中では、個性的なキャラクターが多数登場するなかで、有村さんが演じるのは、よくいる真面目な女子大生。そういえば連続ドラマでも、純粋でひたむきな女の子を好演していたような……。

デビュー3年目くらいのときは、清純派、正統派といわれるのがいやな時期もありました。自分はそんなつもりはないし、勝手にイメージを決められるのが苦しかった。そうなると素直に作品に気持ちを向けられなくなって、前には進めない。

これまで有村さんが演じてきた役柄を思い返してみると、ピュアな女性が多かった印象。
ですが女優としては、そのようにイメージを固められてしまうことに不満を感じることもあったそうです。
では、そんな考え方をどのように切り替えていったのでしょうか。
そこには、働く女性にも通じる、ある答えがありました!続きは、「steady.」40ページからのインタビューをご覧ください。

また、このほかファッション特集では、「上品シンプルを叶える最強BOOK」と題して、品良く見える色や柄、着こなしのテクニックをスタイリストがレクチャー!
「ナチュラルビューティーベーシック(NATURAL BEAUTY BASIC)」や「ロペピクニック(ROPE’ PICNIC)」など働く女性の定番ブランドの、秋の新作も紹介しています♪

さらに今月のブランドアイテム特別付録は、「マーキュリーデュオの美人ネイル5本セット」!

furoku01-30

ビューティー・ライフスタイリストの神崎恵さんが監修したネイルが5本もついた豪華なセットが完成しました♪
なんと、この付録を活用したアートを紹介した「上品ネイルカタログ」も綴じ込み付録としてついてくるので、誰でも簡単にセルフネイルが楽しめます。

付録だけでなく中身も気になる情報が満載の「steady.」10月号!売り切れてしまう前に、書店&コンビニをチェックしてください!

モデル/有村架純
撮影/寺田茉布(LOVABLE)
スタイリング/永岡美夏
ヘア&メイク/尾曲いずみ
取材・文/長嶺葉月

※誌面の画像の無断転載はご遠慮下さい。

「steady.」10月号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読