老けるも若返るも、大人の肌はファンデ次第

あれ、お肌の曲がり角って、何歳のことを言うんでしたっけ?

とっくに曲がったことだけは分かっている30代真っ只中のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」編集者。
思い起こせば、コーナー部分で軽くつんのめったような気がしなくもない……。っていうか曲がった後、私たちのお肌は何をゴールとして目指せばいいんだね?

ムダ口をたたいて現実逃避したくなるほど、日に日に加齢の影響を受けていく肌。くそぅ、近ごろはファンデーションだって上手に乗りやしない!

そんな風に息巻いていたら、どきっとする特集を「オトナミューズ」10月号で発見しました。

158

老けるも若返るも、大人の肌はファンデ次第

肌の変化が著しいミューズ世代にとって、最重要に位置づけられるファンデーション選び。
老け肌へと転ばないためには、新作の購入が私たちの責務!
オトナですもの、お金で解決できることはどんどんしていいんです♡

待てよ、私の顔が老け肌なのは、もしかしたらファンデーションが古いからだったのか?

誌面ではファンデーションにまつわる素朴な疑問に、ヘアメイク菊地美香子さんが答えてくれています。
まずは先述したファンデーションの買い替え時期に関する悩み相談から。

Q.
やっぱり新しいモノが出たら、買い換えた方がいいんですか?

A.
古いモノを使えば印象が古臭く……。
新しいモノなら、間違いなく旬の顔!

「リップやチークなどの色ものを変えても、なんだか顔の印象が冴えず、服ともバランスが悪い、ってことありませんか? 太ったのかも……なんて思いがちだけど、肌作りの甘さも疑ってみてほしいの。

ファンデーションは、ハイスピードで日に日に質感がトレンドに合わせて進化し続けているから、半年前に発売したものでも野暮ったく見えることがある。つまり、去年のモノを使えば去年の顔になる、ということ。

ココを見落としているミューズたちは意外と多いんです」

ファンデって、使い切ってから買い換えるものだと思ってました……猛反省。
でも、新たに買おうと思ってもコスメブランドが乱立しすぎてて、どこのを選べばいいか分からないんです!

Q.
商品が沢山ありすぎて、何が自分に合うのか分かりません。

A.
大人はお金で解決!
洋服を選ぶのと同じ感覚で気分や好みで選んでいいんです。

「今のファンデーションってどれも優秀で、確実に美肌仕上がり。

よく『どんなテクニックが必要ですか』って聞かれるけれど、たいしてないない、ないのよ。大人はそこを追求するより、新しいファンデーションに買い替えて、お金で解決することが先。

で、何を選ぶかは、化粧品売り場のビジュアルやテクスチャーの好みでピンッとくるものを気

分で判断してOK。洋服を選ぶ感覚で、お買い物を楽しんで」

159

そうか、店頭のモデルビジュアルがヒントだったのね!?

菊地美香子さんは他にもそもそも下地って必要?購入時の色選びは?シミを隠したいといったお悩みにも丁寧に答えてくれました!

思ったよりも簡単そうなファンデーション選び。
次のページからは、デイリー使いやドレスアップした日、休日と、シチュエーション別でベースメイク方法を指南。オススメアイテムも一緒にご紹介しています。

若返り肌を手に入れるファンデーション選びについては、「オトナミューズ」10月号158ページからご覧ください♪

 

photograph:YASUHISA KIKUCHI[vale.(] model), KEISUKE HASHIGUCH(I still) 
hair&make-up:MIKAKO KIKUCH[I TRON]
styling:CHIAKI FURUTA 
model:REINA ASAMI 
text:AKIKO NISHIMURA

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「オトナミューズ」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読