飲みものを美味しくしてくれる!? iittalaの名品グラス2選

人間の体の約50~75%は水分で出来ている、という話を、どこかで耳にしたことはありませんか?だからこそ普段から、こまめな水分補給が必要。特に暑さが厳しいこの時期になると、テレビの天気予報でも、きちんと水を飲むように注意を呼びかけています。

そうは言っても、ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」編集者は、無味無臭な水を飲むのが苦手です。水には軟水と硬水があり、種類ごとに口当たりなど味わいが異なることは承知しています。でも、物足りなさを憶えてしまうのです。
水分補給という意味では、お茶でも問題なし。だけど利尿作用があるから、やっぱり水にすべきだという説もあるし……。
そんなことを悶々と考えていましたが、先日、フィンランドの食器ブランド「iittala(イッタラ)」のタンブラーを手に入れてから、水を飲むのが楽しくなってきました♪

ksd1018_detail01

iittala/KASTEHELMI タンブラー

サイトで購入

我が家にやってきたのは、こちらの「KASTEHELMI(カステヘルミ)」。1964年にデザイナーのオイバ・トイッカが発表。一度は廃盤となったものの、ファンからのラブコールに応えるかたちで2010年に復刻されたシリーズです。
こちらのタンブラーは、実は復刻前には製造されていなかったアイテム。とはいえ、「KASTEHELMI」シリーズの特徴でもある水滴をモチーフにしたデザインが、冷たい飲み物を注いだ時にしっくりと馴染みます。

94835455_o7

ドリンクを入れた時の表面の輝きはもちろん、個人的に偏愛しているポイントがグラスの底部分です。飲み口は広めなのに、急な角度で下に向けて狭まっていき、底部分に到達すると、やや唐突に折れ曲がるようなフォルム。グラスを手で包みこむと、底のカドと粒々が手のひらに感じられて、なんとも心地よいのです。

こんな美しいタンブラーに注げば、ただの水を飲む時間も、ぐっと特別なひとときに。無味無臭だったはずの水も、味わい深く感じられます。お気に入りの器を使うと、何気ない瞬間も豊かな時間になるんだなぁと、しみじみ悟りました。

94100229_o9

iittala/KARTIO ハイボール

サイトで購入

ちなみに、私が以前愛用していたのは、同じ「iittala」の「KARTIO(カルティオ)」。こちらは1958年にデザイナーのカイ・フランクが発表したアイテム。
なめらかな表面と淡い色づかいのタンブラーは、シンプルなのに飽きることなく、いつまでも眺めていたくなるような美しさをたたえています。
お水はもちろんカフェオレや、ビールをはじめとするアルコール類にも似合う名品。マグカップのように、家族で色違いでそろえてみても楽しいですよ。

私の家にあった「KARTIO」は、うっかり割ってしまったのですが……こちらも買いなおしてみようかな?

ただの水さえ美味しく感じさせてくれるのは、「iittala」の名作グラスならでは!
毎日使うものこそ、ちょっと贅沢なものをチョイスして、暮らしを楽しんでみてはいかがですか?

 

リンネル公式通販「クラリネ」iittala 商品一覧

サイトで購入

リンネル公式通販「クラリネ」

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読