ザラと無印の人気が止まらない!“みんな夢中”なお洋服とは?

30代女子向け雑誌「InRed」9月号は、ただいま発売中!特別付録「アミウ特製 鏡リュウジ監修 星と月のお守りポーチ2個セット」と別冊付録「靴とバッグ 秋の新作215」という、豪華な3大付録がセットです。

そして、メイン特集は「30代はみんな夢中! ZARAと無印良品」をお届け。
スペイン発、トレンド感満載な日常着がお手頃価格で手に入る「ZARA」と、日本生まれで衣食住に関わるアイテムを発信し続けるブランド「無印良品」。これら2ブランドのウェアは、いまや30代女性のクローゼットには不可欠のアイテム。「ZARA」を愛用する人たちをザラジョと呼んだり、身の回りの品を「無印良品」のもので統一するムジラーが現れたり、もはや社会現象と言ってもいいほどの人気っぷりです。

まずは改めて、それぞれのブランドの特徴をチェックしましょう!

ZARA/ザラ
洗練されたデザイン、美しいシルエット、スペインメイドならではの鮮やかな柄やカラーリングで必ず「今」ほしいアイテムが見つかる。大人のための「ザラ ウーマン」、日常に寄り添う「ザラ ベーシック」、ティーンに人気の「TRF」など、タイプの異なるコレクションも魅力の一つ。

無印良品
「感じ良いくらし」を提案する無印良品は、1980年の誕生以来、インテリア、生活雑貨、洋服、食、住宅など幅広く商品開発を展開。生活の基本となる本当に必要なものを、素材や工程にこだわり、シンプルに作り続けるメイドインジャパンを代表するブランド。

「ZARA」には複数のコレクションラインがあること、「無印良品」が誕生37年になることなど、初耳だった情報もあるのではないでしょうか?
では、それぞれのブランドの中から、特に指名買いすべきお洋服は何なのかを探ってみましょう!

まずは世界中のセレブリティも魅了するブランド、「ZARA」。「InRed」編集部が分析したところ、こちらで買いのアイテムは、デザイン・サイズともに豊富なボトムだということが判明。

P032-033_ZARAファッション.indd

(写真 右から)

自分好みが見つかる定番の黒パンツ

ポンポン付きの可愛いデザイン
1.裾のポンポンがアクセントになったパンツ。ゆとりのあるシルエットではきやすく、7分丈で足元に抜け感が出せるのも◎。

仕事でも使えそうセンタープレス
2.センタープレス入りの上品なパンツは、きれいめシャツにシンプルに合わせるだけでサマになる。オン・オフ問わず大活躍する一本。

ウエストゴムのきれいめテーパード
3.大人のカジュアルコーデを演出するブラックのテーパードパンツ。太ももをさりげなくカバーしながら、すっきりしたシルエットになるのがうれしい。

リボン&スリットの大人なワイドパンツ
4.存在感がアップする、スタイリッシュなワイドパンツ。トップスをコンパクトにして、メリハリを出した着こなしもおすすめ。ウエストはリボンで結べるようになっていて、コーデのアクセントに。

P032-033_ZARAファッション.indd

洗練さを極めたモノトーンコーデ
ホワイトのトップスにブラックのワイドパンツを合わせたモノトーンコーデ。カットワークレースのトップスを目立たせるために、ボトムはシンプルに。センタープレス入りなのでカジュアルすぎない洗練された着こなしが完成。ヒールが太めのパンプスやレオパード柄ターバンをプラスし、遊び心をさりげなく出したところにも注目。

P032-033_ZARAファッション.indd

種類が豊富なデニムは看板商品!

定番デニムから個性派まで勢揃い

(写真 右から)
1.ウォッシュ加工を施したペールトーンのデニムに、濃いインディゴデニムをドッキング。ユニークなバイカラーで、シンプルな中に個性をアピール。

2.大胆にダメージ加工を施し、ヴィンテージライクに仕上げた一本。裾も切りっぱなしになっていて、細部のディテールまで凝ったデザイン。ガーリーなトップスで対比させても◎。

3.クリーンなホワイトデニムでさわやかなコーデにチャレンジ。細身のストレートラインで、レッグラインもすっきりした印象に。

4.ベーシックなストレートのインディゴデニムは、どんなトップスとも相性がいい万能アイテム。裾をロールアップさせて、変化をつけた着こなしを楽しむのもGOOD。

P032-033_ZARAファッション.indd

ダメージデニムの甘辛MIXスタイル
デニム、スクエアバッグ、ハットとマニッシュなアイテムを取り入れながら、レディライクな星柄のブラウスとパンプスで中和させたコーディネイト。ワイルドなダメージデニムも、きれいめなアイテムと合わせることで、女性らしい印象に仕上がる。パンプスの鮮やかな赤がアクセントに。

お次は「無印良品」。こちらからは筋金入りのムジラーを自称するスタイリスト・安藤眞理さんが特に名品と太鼓判を押す8点をピックアップしてくれています。
誌面で紹介した中から、ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では2点をピックアップ。

P036-037_巻頭_S.indd

名品 01
ボーダーTシャツ
大人っぽく品よく着られるピッチと柔らか素材がいいんです

「いろいろなボーダーTシャツを着てきましたが、無印良品のものはちょうどいいピッチで大人でも品よく着られ、フレンチっぽいお洒落感があるところが魅力。オーガニックコットンを使った柔らかい素材で薄手なので1枚でさらっと着るのはもちろん、ジャケットやシャツなどのインナーとしても使い勝手がいいと思います」

[ 名品の理由 ]
・肌に当たらないように洗濯ラベルはプリント
・ボーダーのピッチやカラーバリエが豊富!

P036-037_巻頭_S.indd

名品 02
カーキシャツ
素材もディテールもお値段以上のクオリティ!

「ボタンダウンシャツはシルエットが命ですが、これは襟や肩まわりのおさまりがよくすっきりと着られます。オックスフォードの生地がしっかりしていて、厚みのあるボタンやステッチなど、メンズライクで本格的な仕様になっているのでお値段以上の見栄え。秋の新色カーキグリーンはミリタリーっぽく着られます」

[ 名品の理由 ]
・高級感たっぷりの厚みのあるボタン
・メンズライクなステッチが本格的

さらに「無印良品」のデニムやシャツワンピース、ファッション小物なども名品としてセレクトしています。

特集内では2ブランドのファッションアイテム以外にも、「ZARA」が展開するインテリアショップ「ザラホーム」と、「無印良品」の収納アイテムをご紹介!知っているとお買い物の時に役立つ、それぞれのショップのお得情報も調査しました。

ザラジョ、ムジラーはもちろん、今までファストファッションを敬遠していたという人も両ブランドの魅力にハマっちゃいそうな巻頭特集。「InRed」9月号28ページから見逃せませんよ!

撮影=菊地 哲〈mum〉 [人物]、草間大輔〈impress+〉[静物]
スタイリング=林 かよ、安藤眞理
ヘア&メイク=笹本恭平〈ilumini.inc〉
モデル=浅見れいな
取材・文=白石梨沙、安田晴美

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「InRed」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読