[中山式リセット整理術] 3ステップで「住み心地のいい家」に!

先週末に発売した「大人のおしゃれ手帖」9月号は「40代、50代からの『住み心地のいい家』」を大特集!子育てがひと段落ついて、人生の新たなステージに進む大人世代にとって、居心地がいい住まいとはどういうものなのか?暮らし上手な人たちのお宅を実際に拝見しながら、とことん追求しています。

特集内では、まずは「暮らしの変化に寄り添う住まい」と掲げて、ライフクリエーターの青柳啓子さん、布小物作家の山中とみこさん、布作家の清田一美さんのご自宅に訪問。子どもの成長に合わせてリフォームや転居を重ねてきた家を披露してもらいました。

P030-031_150dpi

photograph: Jyunichi Harano
text: Chikako Hayakawa

昨年、娘さんの結婚とご主人の定年退職を機に、慣れ親しんだ富山県から東京に移住してきた清田さんも、住み替えたばかりの自慢のお家を誌上で公開。富山県在住時に比べると、生活スペースはほぼ半分ほどにサイズダウン。ですが中古物件をリフォームして、真っ白い壁を基調にした開放感あふれる理想の住居を手に入れたのです。

新居は約58㎡。専有面積をギリギリまで活かすため壁と天井を剥がし、躯体を真っ白にペイント。扉や間仕切りはほとんど設けず、念願だったミシンコーナーもガラス張りにしたことで、光と風、視線が通り、実際よりもずっと広く感じます。

 「富山のマンションの半分ほどですが、すべてがコンパクトにまとまって家事が楽だし、暮らしやすい。今までで一番小さく、一番愛おしい家ですね」

こんな「愛おしい家」で暮らすために、大規模な断捨離を決行したという清田さん。
いますぐ転居できないという人も、日用品の整理や、自宅の一部をリフォームすることで、ぐっと「住み心地がいい家」に変えられるのでは?

そこで特集のPart 2では整理・収納術をアドバイス。お片付けコンシェルジュの中山真由美先生がリセット整理術という、片付け方法を伝授してくれましたよ!

中山式リセット整理術はシンプル3ステップ

P034-035_第1特集住み心地のいい家part2_再再.indd

STEP 1
すべて出して並べる

まずは全部出す。ものの量の多さを視覚的に把握できるし、重複買いや存在を忘れていたものに気づくことができます。この置き場所でよいのかを、考え直すきっかけにも。

P034-035_第1特集住み心地のいい家part2_再再.indd

STEP 2
要・不要を取捨選択!

要る
日常的に使っている、シーズンに1回は出番があるという服や日用品は残します。今は使っていなくても、3~5年後に使う予定があるならOK。

要らない
過去2年間、出番がなかったもの、壊れたり欠けたりしているもの、使いにくくて死蔵品になっている道具類や、体型に合わない服は処分して。

迷っている
最近出番がないけれど、ぜひ使いたい食器や衣類、思い出の品など、すぐ決められないものは保留箱へ。悩むのは20秒までと区切ります。

売る・譲る
誰かに使ってほしいものは、「あげる」ラベルを貼った箱や紙袋に。ただし、どれをあげるかは受け取る側の気持ちになって判断を。

P034-035_第1特集住み心地のいい家part2_再再.indd

photograph: Naofumi Mioki
text: Ema Tanaka

STEP 3
行き先を決める

使いやすくしまう
出したものを元に戻し、数や大きさを確認。必要な収納グッズがあれば購入して、しまい方を考え直します。ものを整理する前に収納グッズを買ってしまうのはNGです。

捨てる
要らないものは潔く捨てる。一度に大量のゴミを出すと迷惑になる場合があるので、数回に分けるなど、配慮をしましょう。ゴミ出しの大変さを経験することで、ムダな買い物を減らせます。

再度チェック
一時保留の箱に入れたものは、半年など期限を決めて、その間使わなかった場合は処分を。最初決心できなかったものも、時間をおくと案外あっさり捨てることができることが多いのです。

オークション・リサイクルショップへ
状態がよい品物なら、リサイクルショップやオークションに出す方法があります。オークションにはまって、家の中のものをこまめに見直すようになったという人も。

続いて誌面では中山式リセット整理術を実践!納戸や水回りスペースの整理方法を、各ステップごとに詳しく解説しています。
さらに壁をセルフペイントするDIYや様々なリフォームプランをご紹介。

そしてPart 3では「居心地のいい家の心地いい庭」というテーマで、庭園づくりの楽しみ方を解説。マンションのルーフバルコニーに宅間美津子さんが作った一日を過ごす空中庭園、花生師・岡本典子さんの自宅の裏手に広がる家族の食堂になる庭、料理教室を開く勝見早苗さんの人が集まる収穫の庭と、三者三様の庭にお邪魔しました。

いまの自分のライフスタイルに合った生活空間とはどういうものなのかを、考え直すきっかけにもなる一大特集。自宅がもっとお気に入りのスペースになれば、より一層豊かな暮らしを楽しめるはず。
詳しくは「大人のおしゃれ手帖」9月号22ページからをご覧ください♪

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「大人のおしゃれ手帖」最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読