マンネリ夏服の救世主!8月はこなれ感ある秋色トップスで決まり

女心と秋の空とは、よく言ったもので、くるくると気分が変わるのは女性の性(さが)。ようやく8月に入って夏本番を迎えたものの、6月頃から袖を通してきた夏服には、そろそろ飽き始めていませんか?

そんなファッションマニアにご提案したいのが、トップスに秋の色を取り入れたコーディネート!ニュアンスカラーをした薄手のトップスを身にまとうことで、暑い思いをせずに、着こなしも気分も簡単にアップデートできちゃうんです♪

現在、発売中の「オトナミューズ」9月号では「8月に纏う、秋の色」と題して、秋を意識した新鮮なスタイリングをご紹介しています。ファッションにスポットを当てたPART 1と、ネイルにフィーチャーしたPART 2の2部構成でご案内。

ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、前半の「着こなしに秋色を。」に注目。テラコッタにダスティピンク、マスタード、サックスブルー、カーキという5色の中から、マスタードをピックアップします!

070-071

KEY COLOR
MUSTARD

着こなしのスパイスになるダークトーンのイエローを

秋らしいこっくりカラーといえども、大人のワードローブの差し色として活躍してくれる色。トップスに取り入れれば、顔まわりが明るくなって一石二鳥♪ ブラウンやネイビーと合わせて、夏の着こなしをアップデートして。

070-071+
(モデル未着用分 上から順に)

(レース ブラウス)
さり気ない花柄レースに心ときめく

(プルオーバー)
ドルマンスリーブで着やすい。バックスタイルに黒いリボン付き。

(ブラウス)
クラシカルなコーディネートにマッチするハイネック。

(ブラウス)
ボリューミーな袖が着こなしのポイントに。

(トップス)
オフショルほど肩の露出がないので、大人でも無理なく着られる。

(Tシャツ)
あえてゆったりとしたサイジングのTシャツをセレクトするのが◎。

クールなマスタードカラーをコーディネートに取り入れれば、シャープな印象も演出できちゃいます。夏から着られるアイテムで、涼しげに装いたいですね♪

いまお洋服を買い足すなら、8月から秋、ひいては初冬まで使えそうな秋色のものを狙うのが大正解!詳しくは「オトナミューズ」9月号64ページからの特集でチェックしてくださいね。

 

photograph:YUJI TAKEUCHI[BALLPARK](model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling:KOZUE ANZAI[TooLs] hair:DAI MICHISHITA
make-up:MARIKO SHIMADA[UM]
model:MAYUMI SADA

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

「オトナミューズ」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読