手持ちの定番コート、今季っぽく着こなすコツは?

 mini1411T1.jpg

新しい季節、欲しいファッションアイテムは多々あるけれど、今年まず買いたいのは“アウター&ニット”でしょ。ということで、mini11月号では、この秋冬の2大最重要アイテムを徹底的に紹介中! treasuresでも、その一部をお届け。手持ちの定番コートを今季っぽく着こなすコツをご紹介します。(撮影:天野良子、米玉利朋子、スタイリング:林田香苗、ヘアメイク:八戸亜季子、加藤恵、モデル:田中美保、比留川游)

mini1411outer.jpg

・ ダッフルコート
きれいめコート代表選手。学生のイメージが強いダッフルコートだけど、シンプルなだけに着こなしの幅も広く使いやすい。ダッフル×白シャツできちんと上品にまとめて、ボトムにスウェットを持ってきてゆるさをプラスして。ロゴ入りキャップやデカリュックなどの小物で今季っぽさを注入するのもgood!

・ ピーコート
もともとマリンミリタリーなアイテムのため、甘さのないスッキリとしたシンプルなデザインが魅力です。ストリートブームの代表的なアイテムであるロゴ入りパーカ&ハイテクスニーカーと合わせれば根気っぽさが格段にUP! シャツの腰巻きコーデは夏から引き続き人気の着こなしテク。コーデのアクセントにもなります。

・ ムートンコート
しっとりとした素材感とシンプルなデザインが、コーディネートを選ばない幅広アイテム。シャツや細身のショートパンツでシティライクな着こなしを。クラッチバッグなどトレンド小物を合わせれば、コーデのアクセントにも。ロゴ入りニットをきれいめな細身のチェックパンツとスリッポンで、メンズライク&上品な雰囲気に着こなすのもgood!

・ スタジアムジャンパー
昨年のヒットを機に、ストリート女子たちのワードローブの一つに加わったスタジャン。今季ももちろんフル活用したいアイテム。スタジャンのラインとスカートのラインを合わせれば、セットアップ風コーデが実現。ライン靴下やローファー、襟付シャツなど正統派カレッジスタイルにも難なくフィット。ニットキャップをハズしでONするのもオススメ。

さらに詳しい情報は本誌28ページ「アウターとニットの選び方、着こなし方!」をチェック!

mini11月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読