MUSEモデルがレコメンド! 今季の溺愛コート

秋冬のコーディネートの主役を張るコート選びは絶対に失敗できないもの! otona MUSE11月号では、モデルの溺愛アイテムや目利きスタイリストの本命アイテム、そしてブランドプレスがレコメンドするイチオシを紹介しています。treasuresでも、その一部をご紹介します。今季のコート選びの参考にしてみて。(Photograph:Rinraro Ishige、Fumiko Shibata、Taijyun Hiramoto、Hait&makeup:Minako Kikuchi、Makoto Saito、Nobuyuki Shiozawa、Hair:Mastu Kaz、Makeup:Sadae Sasaki、Model:Mayumi Sada、Seri Iwahori 、Rena Takeshita、Hinano Yoshikawa)

d503453596b2d4bbadc70b356b494c68.jpg

佐田真由美さん
袖をまくると覗く内側のカラーがポイントになるロエベのレザーのジャケットは、メンズライクな雰囲気が素敵で知り合いから譲り受けました。Tシャツ&ニット帽でラフに着ても様になるのは、やっぱり素材が良いからかもしれません。スキニーなデニムをコーディネートしてビッグシルエットなジャケットとのアンバランスさを楽しんでいます。

岩堀せりさん
このデイシーのビッグチェスターコートは展示会で一目惚れして購入しました。今季のデイシーは可愛いものだらけでとっても困ったんですけど(困)。このコートは、なんといってもこの色のインパクト! 少し丸みを帯びたコクーンシルエットも素敵で、カジュアルコーデはもちろん、パンプスを合わせればレディな雰囲気も出せるところがgood!

竹下玲奈さん
今季の展示会で袖を通して一目で気に入ったのが、sacaiのドットキルティングライナー×アラン編みニットコート。一度見たら忘れられないインパクトのあるデザインにやられました。でも着てみると意外となじむし、こんな風にいつものデニムなどに羽織るだけでもグッとイメージが変わる優秀なアイテムです。取り外せるアラン編みのニットがついていて、デザイン性が高いところも素敵です。

吉川ひなのさん
このアウラ アイラのトレンチコートは、展示会でチェックしました。シルエットもキレイですし、カーキな色がツボでした。マルニのバッグをポイントにして、レディライクな仕上がりにしてみました。今回は黒にしたけど、タイツを違う色にしても楽しめそうです。あとはデニムにあわせても良さそうだと思います。

otona MUSE11月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読