旅の着回しコーデはマネっこで完成!人気スタイリスト、私物の夏旅スタイル

7月も中盤に差し掛かり、いよいよ夏旅シーズンの到来です!
旅そのものはもちろんですが、旅行は行くまでの準備も、また楽しいもの。クローゼットから服を引っ張り出しては、旅先での行動をイメージしながら、ああでもないこうでもない、と服選び。ただ、ベストな布陣で挑んだつもりなのに、いざ旅先で組み合わせたら「あれ、なんかイマイチ……?」なんてこともありますよね。
それなら、おしゃれな人の旅支度をのぞいて、参考にしてみましょう。

現在発売中の「リンネル」8月号のメイン特集は、「ナチュラルな旅で見つける幸せ時間」。旅にまつわる様々なトピックスを、「リンネル」ならではの視点で取り上げています。
ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、その中の「旅おしゃれ着こなし帖」のコーナーから、「おしゃれ達人の【宿泊日数別】旅スタイル」に注目。インテリアスタイリストとして活躍する大谷優依(おおたに ゆい)さんに、旅先でのスタイリングを披露してもらいました。

073

1泊2日スタイル
那須高原へ行くときは白を基調とした清々しい装いで

day.1 裾からパンツをちらっと見せて
day.2 ローブワンピースで抜け感を

【day_1】ワンピースとバッグはメゾンドソイルのもの。ぺちゃんこにたためるマチュアーハのハットで夏らしさを演出しました。中にはいたヴラス ブラムの青パンツは、ちらっと見せてアクセントに。
【day_2】1日目のワンピースをローブコートにチェンジ。前あきにするだけで前日とは違う雰囲気に。

073+

2泊3日スタイル
ブラウス、デニム、ワンピースで福岡ぶらり旅

day.1 定番のきれいめデニムスタイル
day.2 1枚でさまになるワンピースは必須
day.3 デニムをインしてカジュアルに

【day_1】アナトミカのデニムにブラック クレーンのブラウスをブラウジングさせた、日常着の延長のようなスタイル。
【day_2】ドレープが美しいワンピースはエンフォルドのもの。ジャージ素材なので動きやすく、シワも気になりません。
【day_3】1日目のデニムと2日目のワンピースを重ねればリラックスカジュアルが完成。

073++

4泊6日スタイル
ハワイではワンピースとサロペットが活躍

day.1 機内着はサロペットで決まり
day.2 海辺で過ごす日はワンピースで
day.3 マキシ丈ワンピースでお買い物
day.4 ディナーはシックな黒に
day.5 前あきワンピースをはおりで活用

【day_1】7~8時間のフライトは、おなかまわりを締めつけないサロペットがベスト。
【day_2】ヴラス ブラムの花柄ワンピースには、グレーのインナーをなじませるように重ねて。
【day_3】お散歩がてらショッピングをする日には、風通しがいいリネン素材のマキシ丈ワンピースをチョイス。
【day_4】エンフォルドのオールインワンは上品でかさばらないので長期の旅行のときには必ず持っていくアイテムです。
【day_5】帰りはサロペットに前あきワンピースをレイヤード。

「リンネル」読者に人気の高いアイテム・ワンピースや、今夏トレンドのサロペットをうまく着回すことで、少ない服でもおしゃれな雰囲気に。旅行最終日はレイヤードして、手荷物を減らすテクはぜひ見習いたい!

実用的で参考にしやすい、オール私物による旅コーデ。ほかにも、おしゃれ達人が登場し、とっておきの旅スタイルを披露してくれています。詳しい内容は、現在発売中の「リンネル」8月号73ページをご覧ください!

photograph: Akiko Baba(model)、Mari Yoshioka(still)
text: Momoko Miyake

「リンネル」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読