爆発的ヒット中!ワントーンコーデ作りのカギは○○替え!!

朝、目覚めると、前日の夜に目覚まし時計をセットした時間から既に1時間も過ぎていた!慌ててシャワーを浴びてメイクを完成。あとは着替えのみ!
そんな慌しい朝に頼りになるアイテムといえば、ワンピース。するっとかぶるだけでコーディネートが完成するワンピースは、お疲れ女子の味方的なワードローブとして、誰もがその実力を認めています。

ところがここ数シーズン、寝坊した朝に頼れるスタイルとして仲間入りしたのがワントーンコーディネート!ネイビーやベージュ、白、グレーなど、トップスとボトムを同系色でまとめることで、簡単にこなれ感があるコーディネートが完成!!
仕事とプライベートで多忙な女子なら、このラクちんなスタイリングを攻略しない手はありません♪

そこで、ただいま発売中の「InRed」8月号では、この同系色コーディネートを徹底分析。「同系色がお洒落! 夏のワントーン服」と掲げた一大特集をお送りしています!

ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、この特集の中から、ワントーンコーデのビギナーさんが挑戦しやすいネイビーでまとめたスタイルに注目します!

P036-037_巻頭ファッション.indd

涼やかな服しか着たくない!
夏のネイビーは、「素材」と「抜け」で決まる

涼やかに見えるコツ
上下の素材を変えれば すっきり感が際立つ
涼感と量感。ネイビーのワントーンは、この二面性をコントロールすることが重要!  その成功法のひとつが、上下で質感の異なる素材を組み合わせ、着こなしに立体感を作ること。リネン、コットン……素材の持ち味を生かして、夏のネイビーを軽やかに纏いましょう!

モデルの浅見れいなさんが誌面で着こなしているのも、ニット素材のトップス×リネンのロングスカート、リネン生地のシャツ×コットンパンツというように、上下で質感が異なる服の組み合わせ。どの服装も涼しげで、ヘルシー・ビューティーな浅見れいなさんの魅力を引き立たせています。

「そうは言っても、このコーディネートは浅見れいなさんだから着こなせるのでは?」
上下同系色のスタイリングに挑戦したことが無い人は、少しハードルの高さを感じているかもしれません。
そんなワントーンコーデのビギナーさんも、ボトムにデニムを取り入れてみれば、簡単に同系色のコーディネートが楽しめるはずです!

P038-039_巻頭ファッション再校修正.indd

始めるならココから!
デニムなら初心者でもすぐ洒落る!

デニムならネイビーとも青とも簡単にワントーンを作れる!
ワントーンの着こなしが難しいと感じる人は、デニムでお試しを。デニムはインディゴで染色された縦糸と、染色加工を施していない白の横糸で仕立てた厚地の綿織布なので、ハイトーンなブルーからインディゴに近いネイビーまで、どんなともマッチします。

使用するデニムを濃いインディゴにすると、淡いブルーから濃色のネイビーまで幅広い色みを受け止められます。この組み合わせに慣れたら、お次はデニム以外の素材のウェアで、ワントーンコーディネートを試してみては?

本誌では他にもベージュやホワイト、グレー、テラコッタ、黒と、様々な色のワントーンコーデを作るときのコツを伝授していますよ。
詳しくは「InRed」8月号30ページからのメイン特集でどうぞ!!

撮影=柿沼 琉〈TRON〉、梶田麻矢〈e7〉
スタイリング=MORIYA
ヘア&メイク=加藤 恵
モデル=浅見れいな
文=小嶋多恵子

「InRed」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読