この秋は、ライフスタイルウェアが定番。厳選14ブランドを紹介

ここ数年、私たちの新定番として定着しつつあるのが、ライフスタイル提案のブランド。衣食住にまつわるものをプロデュースしているので、身につける服はもちろん、生活全般で好きな物に囲まれて暮らせるのが魅力です。ライフスタイルブランドの多くは、上質なのに買いやすい値段設定で、長く付き合っていけるベーシックなアイテムで構成されているのが特徴です。treasuresでも、本誌34ページから紹介している厳選14ブランドのテイストや個性を紹介します。(Photograph:Jun Okada、Reiko Touyama、styling:Kana Sato、hair&makeup:Yoko Yoshikawa、Model:Kasumi、Miyu Otani、text:Momoko Miyake)

 345f75044772ea01bcba7efc03a01a83.jpg

・ SHARE PARK(シェアパーク)
今年の3月に新ブランドとして立ち上げられたのがシェアパーク。品のよさが漂う音なのカジュアルスタイルを提案しています。メンズやキッズウェアのほか、文房具からビューティグッズまで幅広いジャンルをカバー。

・ Le TiROiR de DRESSTERIOR(ル ティロワ ドゥ ドレステリア)
今年の4月にデビュー。「下町のパリジャンの日常生活」をテーマに、シンプルでトラディショナルなアイテムをレディス、メンズ、キッズで展開。国内外の服飾小物や、歴史のあるヨーロッパ工場で作られた生活雑貨もセレクトしています。

・ URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチドアーズ)
「着る・食べる・住む」という日々の暮らしを心地良くしてくれるアイテムが豊富。作り手の丁寧な仕事や長く愛せるシンプルなものに触れることで流行とは違う新しい価値観が発見できるはずです。

・ SHIPS Days(シップスデイズ)
「眺めの良い日々と、居心地のいい服」をテーマに、大人の上質な日常が堪能できる服やラウンジウェア、バスグッズなどが目白押し。リラックス感とラグジュアリー感が絶妙にミックスされています。

・ SLOW HOUSE(スローハウス)
コンセプトの「Made with love」のとおり、人の愛情にあふれた服や家具を届けてくれるのがスローハウス。長く大切に使い続ければ、自分だけの物語が生まれる―。取り入れればきっと、丁寧な暮らしがしたくなるはず。

・ LE JUN(ル ジュン)
ヨーロッパの知性と品格が薫るル ジュンのアイテム。大事にしているのは、デザインや素材、価格において快適であるかどうか。デイリーやトラベル、スポーツなどさまざまなシーンに対応してくれるブランドです。

・ MYSELF ABAHOUSE(マイセルフ アバハウス)
感性を活かして、等身大の自分を演出できるブランドがマイセルフ アバハウス。メンズウェアのほかにも、天然素材にこだわったコスメや生活雑貨が集まっています。

・ SQUOVAL(スクオーバル)
クリエイティブディレクターはアーカイブ&スタイルの坂田真彦氏。春にローンチしたスクオーバルには、国内外の名品といわれるトラッド系ブランドがずらり。コラボレーションも必見です。

・ Bshop(ビショップ)
コンセプトは「Everyday Classic」。歴史のあるもの、またこれからも愛し続けるであろう本物志向のブランドをセレクト。服やキッチンツール、ガーデングッズなどを暮らしの道具ととらえ、幅広く展開しています。

・ FREAK’S STORE(フリークスストア)
アメリカンカジュアルをベースに、生活を楽しむための服や雑貨を展開。新しさと懐かしさが混在していて、定番はもちろん、旬なアイテムも充実。メンズも併設しているので、デートがてら訪れてショッピングを満喫して。

・ coen(コーエン)
「easy chic」をコンセプトに、ベーシックなカジュアルスタイルが堪能できるのがコーエン。服はもちろん、文房具やマグカップ、練り香水なども常設。買いやすい価格なので、ざくざくお買い物ができるのもうれしい。

・ SEVENDAYS=SUNDAY(セブンデイズサンデイ)
休日ならではのリラックスカジュアルが楽しめるセレクトショップ。アメカジがベースになったオリジナルも充実。今季はさまざまな国の文化が感じられる「Journal Researches」がテーマ。メンズとキッズもあります。

・ B:MING LIFE STORE by BEAMS(ビーミングライフストアバイビームス)
セレクトショップのパイオニア的存在のビームスが手がけるビーミングライフストアは、「ハッピーを育てよう」という思いを込めてスタート。生活や心が豊かになるようなワークショップイベントなども開催しています。

・ studio CLIP(スタディオクリップ)
リラックスできるナチュラルテイストが魅力のスタディオクリップ。服以外にもキッチンツールやお弁当グッズ、家具、手芸用品など生活に必要なものがおしゃれに揃います。ひんぱんに更新されるホームページものぞいてみて。

リンネル11月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読