一緒にいたい♥と思わせる、涼しげ美人の鍵はブルー・白・グレー

週間天気予報を見て、驚きました。都心部では、今後しばらくの間、最高気温は軒並み25度超えで30度近くまで上がる日も多い模様。昨年同様、今年も猛暑がやってきそうです。
蒸し暑い夏を乗り切るため、せめて服装だけでも涼しげに装いたい。清涼感があるコーディネートなら、自分はもちろん一緒にいる人の目も涼ませてあげられるはずです。

ただいま発売中の「GLOW」8月号では、そんな涼やかなコーディネートを作る3色、ブルー、白、グレーに注目したファッション特集をお届けしています。
さっそく、爽やかカラーの代名詞、ペールブルーを取り入れたスタイリングから見ていきましょう!

P070-071_白ブルーで-5℃コーデ再校修正.indd

さわやかなペールブルーで涼感スタイル!
分量多めに使っても重たく見えないのがペールブルーの効果。オフィスにもカジュアルにも使える万能カラーです。

(写真 右)
ラフなデニムをシャツで端正に
白小物が清潔感を演出

ダラッとしがちな暑い日のコーディネイトをピリリと引き締めてくれるシャツを取り入れたカジュアルスタイル。

(写真 中央)
ふんわりスカートもブルーなら甘くなりすぎず軽やかな印象に

風通しのよい軽素材のスカートは、夏のヘビロテアイテム。ブルーならボリュームも気にならずスッキリ着こなせます。トップスはグレーにしてシャープに仕上げて。

(写真 左)
オフィスにもぴったりのハンサムなパンツスタイル

ブルーのワントーンで組み合わせたパンツスタイルに白の薄手カーディガンを羽織れば、通勤時の紫外線や屋内の冷房対策にも。

お次はグレーのコーディネート例。一瞬、重いのではないかと身構えてしまいますが、こんなシルバーのようなライトグレーなら軽やかに着こなせます。

P074-075_白ブルーで-5℃コーデ再校修正.indd

洗練された上品スタイルを作る ライトグレー に注目!

明るいトーンのグレーは、モードな着こなしでも明るさと上品さをプラスしてくれるので、GLOW世代のベースカラーにぴったりです。

(写真 右)
ジレを取り入れたスタイルはグレーでやわらかい印象に

ともするとコワく見えがちなジレ×パンツのマニッシュなコーディネイトでも、ライトグレーなら上品な女らしさただようスタイルに仕上がります。

(写真 中央)
明るいブルーとグレーでロング丈スカートに軽やかさを

下半身が重たく見えるロング丈のプリーツスカートは、ライトグレーで軽やかな印象に。ブルーのトップスがさわやかさと華やかさをプラスしてくれる。サンダルもグレーで合わせて、足もとを軽快に。

(写真 左)
ブルーのハーフパンツを品よくまとめるグレーの効果

難易度高めのハーフパンツは、ハリのある素材のペールブルーが大人のチョイス。ほかのアイテムをグレーでまとめることで、カジュアルな中にも、上品さのあるスタイルがかなう。ミニサイズの巾着バッグで遊び心をプラスして。

本誌ではさらに白色を主役にした、クリーンなホワイトコーデもご紹介しています。
それぞれスタイリング例の横には、カラー配分を表したリストも表示。どの色をどれくらい取り入れたら良いのか、一目瞭然です。
こんな涼しげな着こなしをしていたら、気になるあの人に一緒に過ごしたいと思ってもらえるかもしれませんよ。

 詳しくは「GLOW」8月号70ページからの「ブルー、白、グレーで夏の涼やかコーデ」をチェックしてくださいね。

 

撮影=遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(モデル)、青木和也(商品)  
スタイリング=飯田聡子 
ヘア&メイク=面下伸一〈FACCIA〉 
モデル=田沢美亜

「GLOW」最新号のお知らせ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読