コレクター心をくすぐる、そば猪口&豆皿。マルチな活用方法も!

蒸し蒸しするこの季節、早くも食欲不振になっていませんか?暑くなるとおいしいのが、つるっと喉を通る冷たい麺メニュー。我が家の食卓でも、すでにざるそば、ざるうどん、そうめんなどの登場頻度が急激に高まっています。冷たく冷やした麺つゆに、薬味を添えれば食欲も増進!

今回のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、そんな麺メニューの時に大活躍する和食器をご紹介します。

94072305
東屋/染付そば猪口(あられ)

サイトで購入

透けるような白地に藍色の模様が美しく映えるそば猪口。波佐見焼の産地で知られる長崎県波佐見町で作られた器です。少し小ぶりで、女性が使うにはちょうどいいサイズ感。和モダンなデザインは、麺つゆ専用にしておくなんてもったいない。おかずの小鉢やデザートカップに、また湯呑やコーヒーカップ、冷酒のぐい飲みにとマルチに使えます。家族の分を柄違いで揃えるのも◎。

kaz1007_detail01

柄のバリエーションは全部で5種類。ボーダーのようにも見える「輪線」は手描きで、他の柄は磁器に転写紙を巻き付けて、濡れた筆でなぞって文様を写す印判と呼ばれる技法で描いています。一つ一つ職人さんが手作業で行っているため、器ごとに柄の出方が違うのも、またよい味わい。

95490886
東屋/印判 豆皿

サイトで購入

麺に薬味を添えるなら、豆皿の出番ですね。小さなサイズの豆皿は食卓にたくさん並べると可愛らしく、形違いでコレクションしたくなります。

95490886_o1

ひょうたんなどを模った豆皿は、全部で7種類。内側の柄は江戸時代から伝わる古典模様をモチーフにしており、このレトロさがオシャレ。波佐見の白岳窯の職人が手作業で染め付けを行っている、細部までこだわりを感じる品です。こちらも、お惣菜やお漬物を少しずつ盛ったり、お重と合わせておもてなしに活用したりと使い道は多彩。

これらは、日本の伝統的な道具を現代にマッチしたデザインでよみがえらす「東屋(あづまや)」によるものです。夏にめいっぱい使ったあとも、まだまだ活躍してくれるそば猪口&豆皿。リンネル公式通販「kuraline」でチェックしてみて下さいね。

 

リンネル公式通販「kuraline」東屋 商品一覧

サイトで購入

リンネル公式通販「kuraline」

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読