“キレイ”は内側から! 「腸内メンテ」レシピで、腸ケアを始めよう

InRed8月号で行った読者アンケートの結果から見えてきたのは、便秘に悩む30代女子のリアルな姿。腸をメンテナンスして美と健康を手に入れるためには、毎日の食事や生活習慣に気を配ることが大切です。簡単&おいしい「腸内メンテ」レシピで、今日から腸のケアをはじめましょう!(撮影:中村利和、スタイリング:竹中紘子、取材・文:石原輝美)

腸内メンテレシピを教えてくださったのは、料理研究家・管理栄養士である岩崎啓子先生。朝昼晩のいずれか1食を腸内メンテレシピに置き換えて約1週間続ければ、腸内バランスが徐々に整っていくのがわかるはず。キーアイテムは、食物繊維、ビフィズス菌、オリゴ糖、発酵食品の4つ。今回treasuresでご紹介するのは、簡単サラダやおにぎりなど、お弁当にもぴったりのメニュー。今日からさっそくスタートして、美腸を目指して!

 ce8f43d881edeb1203bc38224691750a.jpg

■ 豆とツナの和風サラダ(食物繊維、オリゴ糖)
大豆をはじめとする豆類には、オリゴ糖が豊富に含まれています。食べ応えがあり、食感も楽しい豆のサラダはお弁当にぴったりの一品。
材料(1人分):タマネギ10g、セロリ1/4本、プチトマト3個、ツナ 小1/2缶、茹でたキドニービーンズ50g、[ドレッシング材料]しょうゆ小さじ1、酢 小さじ1、オリーブオイル小さじ1と1/2、塩コショウ各少々、練りがらし少々

1. タマネギは千切りにして水にさらし、水気を切る。
2. セロリは筋をとって3cm長さの薄切り、プチトマトは半分に切る。
3. 1、2と汁気を切ったツナ、キドニービーンズを一緒にしてドレッシングであえる。

■ もっちり雑穀おにぎり(食物繊維、オリゴ糖)
お米は冷めると難消化性でんぷんが増え、腸内環境をよくする効果が。さらに雑穀を加えれば、栄養効果も抜群にアップし、ダイエットの見方にも。
材料(1人分):雑穀ごはん150g、梅干2個、焼き海苔適量

1.ごはんは半分に分ける。
2. それぞれ梅干を真ん中に入れておにぎりを作る。
3.海苔を巻く。

この他のレシピは、本誌178ページ「キレイをつくる『腸内メンテ』レシピ」をご確認ください。
InRed10月号はこちら! 

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読