[大人のおしゃれ手帖7月号付録]出し入れがラク♪メガネも入る大がま口 + ピルケースになるミニがま口

6月7日(火)発売の「大人のおしゃれ手帖」7月号。表紙には女優の原田知世(はらだ ともよ)さんが登場します!
昨日のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」でもご紹介したとおり、ブランドアイテム特別付録として用意されたのは「くるり がま口親子ポーチ うれしい2個セット」。引き続き、和モダン柄が素敵な2点セットの特徴をご紹介していきます!

furoku02+

■メガネなど大事なものも預けられる大がま口
がま口ポーチ2点のうち、大きなものは高さ(約)10cm×幅(約)19cm×マチ(約)4cm。本体部分にはクッション性がある生地を使っているため、メガネやデジタルカメラ、スマートフォンなどの傷つけたくないアイテムも心おきなく入れられます!

0412t018+.Q

がま口というと、荷物の出し入れがしづらいイメージがあるかも。ですが、この付録のがま口ポーチは、口金が深い部分から大きく開く構造。そのため、かさばるものでもラクに取出せます。収納したグッズも、ひと目でチェックできて便利です!

 furoku03

■ピルケースにもなる手のひらサイズのミニがま口
手にちょこんと乗る小がま口は、高さ(約)8cm×幅8cm。常備薬を入れてピルケース代わりにしたり、キャンディーなどのお菓子や、ジムや温泉で外したアクセサリーの収納場所としても役立ちます。付属のボールチェーンを使えば、大がま口はもちろん、普段づかいのショルダーバッグなど、さまざまな所に装着OK!

0412t009.Q

■親子づかいで見た目可愛く、整理上手に
それぞれ単品でも活用できる、大がま口と小がま口。ですがボールチェーンで2点をつなげれば、ほほえましい親子状態に。アイテムの大きさによって振り分けて収納できるため、自然と整理も上手にできちゃいます。

0412t015.Q

ちなみに大がま口には内ポケット付き。ICカードが収まるくらいのスペースです。

 蒸し暑い季節にもぴったりな、涼しげな柄のがま口親子ポーチ。特に大がま口は、浴衣を着た時に小さなクラッチバッグ感覚で持つのもオススメ。
「大人のおしゃれ手帖」7月号と一緒に手に入れてくださいね!

 
※口金の玉を含む大きさです。
※※ 総柄生地のため、柄の位置は写真と異なります。
※※※ 付録のポーチ本体以外のものは撮影用小物です。

「大人のおしゃれ手帖」次号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読