[大人のおしゃれ手帖7月号付録]“パチン”が快感!がま口親子ポーチ

40代、50代女性に向けたライフスタイルマガジン「大人のおしゃれ手帖」。女優の原田知世(はらだ ともよ)さんが表紙を飾る7月号は6月7日(火)発売です。
毎号、大人の女性にふさわしい上質な付録が好評ですが、7月号のブランドアイテム特別付録として付いてくるのは「くるり がま口親子ポーチ うれしい2個セット」!

 今回、「大人のおしゃれ手帖」編集部がコラボレーションしたのは「着物屋くるり」。表参道の本店をはじめ、国内に4店舗を展開する人気の和装ブランドです。
オリジナルの柄を中心に、日常的に着られるモダンな着物と浴衣を多数展開。日本の伝統文化を踏まえつつ、スタイリッシュな和装が手に入ることから、和のお稽古をたしなむ女性にもファンが多いんです。

 そんな「着物屋くるり」の力を借りて完成させた付録は、和モダンながま口ポーチ!

furoku01

■伝統的な七宝柄をポップにアレンジ
日本に古くから伝わる七宝模様は、円をいくつも重ねて描くモチーフ。ともすれば渋くなりがちな模様を、紺色と白をベースに、アクセントとしてグリーンとベージュを用いて、さわやかに仕上げました。ほど良くキュートな洗練されたパターンは、若い人はもちろん、大人の女性も気に入るはず!

■しっとりとした手触りでリッチな気分に
本体生地には、なめらかな手触りの素材を用いています。しっかりとした裏地付きで、適度な硬さがあるため、中に少ししか物を入れないときでもポーチが型崩れする心配はなし。

furoku02

■開け閉め快感!きっちり閉じられる口金
がま口といえば、重要なパーツが口金。ココがプラスチック製だったり、柔らかな金属を使っていると、スムーズに開け閉めすることができません。
がま口ポーチとうたう以上、口金のパーツには妥協を許さなかった「大人のおしゃれ手帖」編集部。さまざまな努力の末、まるで吸い付くように開け閉めができて、心地よいパチンという音と手応えが楽しめる口金を見つけ出しました!
輝き過ぎないマットシルバーという色合いにも、センスの良さを感じます。

 デザインも機能面にも妥協せずに作り上げた「くるり がま口親子ポーチ うれしい2個セット」。使いやすい工夫もアイテムのあちこちに施されています。
明日のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」でも、引き続きこの親子ポーチについて解説していきます!

※総柄生地のため、柄の位置は写真と異なります。

 「大人のおしゃれ手帖」次号のおしらせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読