デキる男は知っている、職種別2016年版クールビズスタイル

もはや夏の定番となった「クールビズ」。導入している企業もどんどん増えています。でも、いまだに正しいクールビズを理解している人は少ないのでは? 清涼感ばかりを求めてカジュアルダウンしすぎてしまっては、職場で白い目で見られちゃうかも……。
ということで、本格的に暑い夏を迎える前に、「smart」7月号で、いまさら聞けないクールビズについて勉強しておきましょう!

TP088-093_smart.indd

【BESTクールビズスタイル】
爽やかなトーンとすっきりとしたシルエットで、手抜きに見えないのが今季のクールビズの鉄則。見た目の清涼感もポイントだ。

・ポリエステル混JKT
夏の定番素材、シアサッカーをポリエステル混の生地でさらに快適に。落ち着いたダークトーンなので、品格も充分だ。

・半袖BDシャツ
一枚地のヨークや吸汗速乾のポリエステル素材で高い清涼感を実現。スリムなBD仕様なら、半袖でもラフになりすぎない。

・オンオフ兼用スラックス
日本の気鋭ファブリックメーカー、小松精練の機能素材「クールドッツ」を使った一本。パンツ内の温度を快適に保ってくれる。

・冷涼シューズ
アウトソールにベンチレーションを設けたことでムレがかなり軽減されている。インソールのメッシュ構造もポイントだ。

これがビジネスマン、デキる男のクールビズスタイル!けれど、ただこれを真似るだけでは、まだまだ。ここから一歩踏み込んで、職種別に理想的なスタイルを知っておくべし!

・営業マン
「ここ数年で浸透してきている『クールマックスⓇ』という素材を使ったジャケット、スラックス、シャツなどが吸湿速乾性、ストレッチ性に優れているため、涼しくて動きやすいです。見た目もテーラードで◎」

・お堅い系
「基本はダーク系のスーツで色数を少なめにし、サマーウールを使用したスーツなどで見た目はきちっと、着心地は涼しく。ネクタイには淡い色合いをセレクトし、相手に涼しげな印象を与えましょう」

・クリエイティブ系
「ポロシャツ、チノパンまでコーディネイトのドレスダウンが可能。台襟の付いた、ネクタイを着用可能なポロシャツに、細身のチノパンが基本。そこにジャケットをTPOに合わせて羽織ればサマになります」

・アパレル系
「ドレス部門においては、今季はコットンスーツがオススメ。サマーウールとは異なる素材感を誇り、色合いはブラウンからベージュ、ブルーからホワイトと、コントラストをはっきりつけるスタイルが旬です」

このように、自分の職業に合ったクールビズスタイルを着こなせば、明日から周囲の見る目が変わるかも。このsmart版クールビズ虎の巻を活用して、目指せ!オシャレビジネスマン!

Photography_YOW TAKAHASHI@ROOSTER
Styling_TAKURO TSUCHIDA
Hair&Make-up_DAISUKE MUKAI
Model_KAIO@BARK in STYLe
Text_RUI KONNO

「smart」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読