アンダー1万円なのに高見え!褒められ + トレンドデニム集合!!

寝過ごしてコーディネートを考える時間がない朝や、ちょっぴりリラックス気分で過ごしたい日、ついつい手に取りがちなアイテムがデニム。どんなトップスを合わせても難なくコーディネートを決めてくれるテッパン服なだけに、登場回数は多くなりがち。しかも、何シーズンもマストアイテムとしてファッション界に君臨し続けているため、ついついアップデートを怠ってしまいます。
ですがデニムだってファッションアイテムのひとつ。ほかのウェアと同様に、ちゃんとトレンドがあるんです!
ただいま発売中の「InRed」6月号では特集「それ、どこの?って聞かれるデニム」で今季らしいデニムをリサーチしています!

P064-065_デニム.indd

「InRed」編集部の調査によると、今年らしいデニムとは「カットオフ」、「ワイド」、「ボーイフレンド」、「リメイク風」の4種類。誌面では、それぞれのタイプごとにコーディネートするときのポイントも合わせてご紹介しています。

たとえば、ともすればルーズな印象になりがちな「カットオフ」も、デニムのシルエットや合わせる小物を選ぶことで洗練されたスタイルが作れちゃうんです!

P066-067_デニム.indd

旬なカットオフなら瞬く間にこなれて見える
切りっぱなしというとやんちゃやだらしないイメージがあるけれど、ストレートなものを選べば洗練されたスタイルに見せることができるんです!

(右上デニム)

 ストレートを選べば だらしなくない!
古着のようなウォッシュ加工を施したデニムは、股上の深さとカットオフした丈がトレンド感を煽る。少し余裕のあるストレートのシルエットとクロップト丈で美脚に見せる優秀な一本。

(モデルコーディネート)

大人っぽく穿きこなすポイントはシルエットにあり
ストレートのデニムは美脚の視覚効果を持つ。ノースリーブのトップスやヒール付きのサンダルを合わせてぬけ感を。

ほかに、アクセサリーやハットといった、デニムスタイルをアップデートする小物使いもアドバイス。

P070-071_デニム.indd

さらに「1万円以下の褒められデニム」のコーナーでは、お値ごろデニムが大集合!2千円台から9千円台までのデニムを計12点ピックアップしました。いろいろそろった中でも、PLSTの「ボーイフレンド」は日本製のデニム生地で作っているのに7,990円!?
ほかにも二度見必至の、お値打ちデニムをセレクトしています!

 登場頻度が高いアイテム、デニム。それだけに新調すると同時に、毎日のコーディネートもスタイルアップできちゃいます。
そんなデニムの魔力を味方につけたいなら、「InRed」6月号64ページからの「それ、どこの?って聞かれるデニム」が要チェックですよ!

撮影=森滝 進〈まきうらオフィス〉(人物)、草間大輔〈インプレス〉(静物)、大村聡志、片岡 祥、森崎一寿美〈PPI〉(スナップ) 
スタイリング=MORIYA 
モデル=浅見れいな 
文=齋藤美穂子(P66~69)、藤巻千絵(P70~71)

「InRed」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読