浅見れいなの色気に学ぶ、オトナが選ぶべきおフェロ水着

澄み切った青空やまぶしい新緑を眺めていると、足を運びたくなる場所が海!ゴールデンウィークが終了したばかりですが、夏休みはどこの海に出掛けるか、現実逃避を兼ねて計画を立てている、という人も多いのではないでしょうか?
海に行く時の必須アイテムといえば水着。そこでクローゼットの中に眠っている水着を思い出してみると……そういえば、10数年前に買ったスイムウェアだった、なんていう声も、ちらほらと聞こえてきそうです。
年に数回しか使わないとは言っても、20代の時に着こなせたスイムウェアが、アラフォーになった今、まだ似合うとは限りません。そもそも20代女性とアラフォー女性では、目指すべきセクシーさの方向性も違うはず!

そこで、ただいま発売中の「オトナミューズ」6月号では、ミューズ世代が似合う「オトナの水着」を大特集。スタイルがよく見えてお洒落で、なおかつオトナに似合う、夢のようなアイテムをそろえました。モデル・浅見れいなさんの、女神のようなパーフェクトボディにみとれながら、上品セクシーなスイムウェアをチェックしてきましょう!

P070-071

<右ページ>

遊びゴコロのあるスカラップカットが可愛いスイムウェア
イタリア産の上質なファブリックを使っているため、着心地は抜群! それにバスト&ヒップをしっかりカバーできるデザインだから思いっきり動きまわっても安心

<左ページ上から>

アフリカンムードなカラーリング&柄のセットで今季らしく!

バストが覗くデザインでセクシーさを醸し出す攻めの1枚
タイダイ風の夏らしいカラーリングがビーチに映える! ビキニトップの大胆なカッティングでドキッとさせて。

074

ワンピースを着るとき、ドキッとするのは胸元ではなくヌードな背中
フロントのシンプルなデザインとは裏腹に、背中が大胆にあいたワンピース。スクール水着にならない大人な1枚を狙って

年齢と経験を重ねたミューズ世代だからこそ、計算した肌見せで上品な色気をまといたいもの。「オトナミューズ」6月号70ページからの「オトナの水着」をチェックして、いま似合うスイムウェアをゲットしましょう!

 「オトナミューズ」6月号は、ブランドアイテム特別付録「ビープル バイ コスメキッチン『オズワルド』ポーチ&ミラー」と別冊付録「濱田マサル責任監修 綺麗のたしなみ。」の2大付録がセットです!!

 

photograph:TAKAO SAKAI[aosora](model),MAYA KAJITA[e7](still),AFLO(celeb)
styling:JURIKA.A
hair&make-up:KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
model:REINA ASAMI
coordinate:TOMOKO ANDERSON[Konikson Productions, LLC.]

 

「オトナミューズ」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読