この10点だけで佐田真由美になれる!サーフシックな着まわし術

全国的に、最高気温が25度を超える夏日が続出しているゴールデンウィーク。しっかり羽を伸ばせていますでしょうか?
急に気温が上がったため、街中や行楽地ではノースリーブをはじめとする夏ファッションを楽しむ人も続出。慌てて夏向けの服を買い足したのか、お買い物袋を手に下げた姿も頻繁に見かけた気がします。
夏向けのクローゼットを完成させるべく、ただいま発売中の「オトナミューズ」6月号では着まわしにフィーチャーしたメイン特集をお届けしています!
なんと、この着まわし特集は「オトナミューズ」誌上初となる試み。お買い物中毒というイメージが強いミューズたちですが、実は、心の底で憧れているのは「ミニマルクローゼット」だったのです!!

P032-033

そぎ落とされたアイテムだけで、おしゃれに生きていけたらどんなに素敵なことでしょう!

とは言っても…ただベーシックな服を揃えればいいわけではないのです。自分の目指す女性像、それによって必要なアイテムは違う。その根本に気づかないと、いくら着まわせる服を買ってもあなたのミニマルクローゼットは完成しません。”・・・・・・おっしゃる通りです!

そこで今号では小泉里子さん、佐田真由美さん、竹下玲奈さんという3人のミューズなモデルが登場。それぞれモノトーンな女サーフシックな女ロマンティックな女というタイプが異なるスタイルの女性を演じつつ、着回しコーディネートを披露してくれます。
モノトーンな女のワードローブをスタイリングしたのは人気スタイリストの加藤かすみさん。サーフシックな女には新居由梨さん、ロマンティックな女は辻 直子さんと、それぞれ有名スタイリストが参戦。見ごたえ満点な着まわし大特集から、ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、佐田真由美さんによるサーフシックな女のワードローブをピックアップ!

佐田真由美× 新居由梨
サーフシックな女の着まわし14days
パート2は、肩の力が抜けた気持ちよいLAカジュアルに、都会的なモダンさやモード感をプラスしたサーフシックを愛する女の着まわし。ヘルシーな女らしさとハッピーな色使いに注目!

厳選した着まわし10アイテムはコレ!

042

ヘインズの白TシャツやGジャン、ホワイトデニムといったベーシックなアイテムを軸にしたワードローブで着まわしに挑みます。

043

Day1
ヘルシーな女らしさが魅力のマリンコーデ。デニムにボーダー、足元もスニーカーというカジュアルな組み合わせが、洗練された大人サーフに仕上がるのは、ホワイトデニムのおかげ!トップス以外はホワイトで統一したのもリュクスなムードが出るポイント。

045

Day3
カジュアルがベースなサーフシック派のコーディネートを、ランクアップする鍵はやはり小物使い。甘いスタイリングには、ギークな眼鏡やベレー帽といった、今季らしい捻りのきいたトレンドアイテムをON。カッコつけた感なく、サラリと取り入れられるのはサーフなテンションのなせるワザ。

詳しくは「オトナミューズ」6月号32ページからのメイン特集「ミューズだって、着まわしが好き。」をチェックしてくださいね。

photograph:YUJI TAKEUCHI[S-14](model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling:YURI ARAI make-up:YUKA HIRATA[D-CORD] hair:SAYUHDA[S-14]
model:MAYUMI SADA
text:TAEKO SAKASHITA

 

「オトナミューズ」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読