おしゃれ女子代表・川島幸恵が18点で魅せる4ヶ月着回しテク!

数年前、フランス人は限られた点数の服しか持たない、という内容の本がベストセラーとなりました。この本は、上質なものを少しだけ所有する生活について説いた1冊。その後ミニマリストという言葉が流行したり、日本国内でもシンプルライフを目指す人が増えているように感じられます。
たしかに持ち物を極力減らしたシンプルな生活は、お財布にやさしく、収納場所もとらないなど、メリットがたくさん!とはいえ、おしゃれは手抜きせず楽しみたいし……。そんな女子に向けて、ただいま発売中の「SPRiNG」6月号では「春から夏まで着まわす最小ワードローブ」を特集しています!
先生を務めてくれるのは、ブランド「シータ」ディレクターの川島幸恵さんと、SNSで注目されている女優・モデルの青柳文子さん。2人が厳選に厳選を重ねたワードローブと、目からウロコなミニマルコーデテクを伝授してくれます!

P042-043_最小ワードローブ.indd

トップバッターは「シータ」ディレクターの川島幸恵さん。

 普段から白シャツやデニム、コットンカットソーなど、ベーシックなアイテムを品よく着こなしている川島さん。ここでは「シータ」のアイテムを中心に、自分らしさトレンド感を考慮して選び抜かれた18アイテムをご紹介します。

ピックアップしたのは、以下の18点です。

デニムやノーカラーなどベーシックが重宝/アウター3着
カジュアル、きれいめ取りそろえた/靴3足
ちび、デカトートとバリエ豊富/バッグ3つ
太めorワイドパンツで脚長効果/パンツ3着
一枚で、レイヤードでコーデの幅が広がる/トップス3着
シーズンのトレンドも厳選して投入したい/トレンド服3着

なんと、アウターや小物類も含めたアイテム18点だけで3ヶ月間の着まわしに挑みます。これだけで4ヶ月分のコーディネートなんて、本当にできるのでしょうか?

P044-045_最小ワードローブ.indd

ちょっぴり疑いの目を向けてしまったものの、さすが、おしゃれの達人・川島幸恵さん!カジュアルスタイルからオフィスコーデ、リゾート風ファッションまで、お手の物です。そうか、コレとコレも組み合わせられるのか~、という驚きもあるスタイリング。青柳文子さんが選んだワードローブも一緒に、「SPRiNG」6月号でご紹介していますよ♪

ただいま発売中の「SPRiNG」6月号は、ブランドアイテム特別付録「エックスガール ちび可愛い!リュック型ポーチ」、「Shogo Sekine ハッピー手帳シール」、とじこみBOOK「NEXTスニーカー全部見せBOOK」の、豪華な3大付録がセットです!書店やコンビニで手に取ってくださいね!

photographs_KOUSUKE_MATSUKI
text_WAKAKO MATSUKURA 

「SPRiNG」最新号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読