[mini 6月号付録]ランチのお供はこれ1個!X-girlスウェットBAG

ファッション誌「mini」6月号は4月30日(土)発売です!表紙には、「mini」カバーガールを初めて務める女優の二階堂ふみさんが登場しています。
毎号お役立ちアイテムが手に入る、ブランドアイテム特別付録は「X-girl特製 スウェットBAG」!先日、ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」でお伝えした付録紹介第一弾に続いて、今回は使い心地をはじめとするディテールをレポートします!

01

お弁当箱も収まる大満足のキャパシティ
「スウェットBAG」の大きさは、縦(約)20cm×横(約)29cm×マチ(約)9cm。お弁当用のスープジャーやペットボトル、歯ブラシセット、ティッシュやハンカチといったランチに必要なアイテムを一式入れても、まだ容量の余裕あり◎バッグ本体にやわらかなスウェット生地を使っているため、予想以上に荷物がたくさん持ち運べます。
ちなみに裏地も張って二層構造で仕上げたことで、スウェット生地の風合いを生かしたまま強度を高めています。
また500mlペットボトルが、ほぼジャストサイズな深さです。

02

スマホや定期券が入れられる外ポケット付き
バッグ前面には、外ポケットが1つ設けられています。収納スペースの大きさは、iPhone 5/5sやiPhone SEを入れると少し頭がのぞくくらい。ICカード1枚なら、すっぽり収まります。他にも社員証や携帯音楽プレーヤー用のイヤフォン、ミラー、ペン類といった、サッと取り出したいものを入れておくのに便利です。

03

開閉口のスナップボタンで防犯性UP
スウェットBAGの開閉口にはスナップボタン付き。ボタンを閉めずにキレイな台形シルエットを楽しむのも良いですが、荷物の盗難や他の人からの視線が気になる時は、ワンタッチでパチンと留められます。

04

もちろん、「X-girl」のグラフィカルなロゴが入ったブランドタグも、ちゃんと忘れずにあしらっていますよ。

「mini」6月号に、もれなく1点ついてくるブランドアイテム特別付録の「X-girl特製 スウェットBAG」。今週末の発売日を楽しみにお待ちください!

「mini」次号のお知らせ

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読