気軽においしく楽しむ! 女性のための日本酒入門

日本酒がちょっと気になっている方、何から飲めばいいのかわからないと苦手意識を持っている方、もちろん日本酒が大好きな方も必見! リンネル10月号では、女性が気軽においしく日本酒を楽しむためのイロハをご紹介します。(撮影:熊谷直子、取材・文:佐久間千絵)

db71c863eda5ec509525a14c0fcb7625.jpg

豊かな日本の風土を活かし、お米、麹、水のみでつくあれる日本酒は、まさに日本の文化。けれど、「お米でできているから太りそう」「どう選べばいいの?」と敬遠している人も多いよう。ヘルシーな和食をおつまみにしたり、飲み方を間違えなければ太る心配はありません。むしろ日本酒には美白・美肌・血行促進といった肌がきれいになる美白要素があることが昔から知られています。日本酒を飲むなら知っておきたい基本的知識を、峰松酒造場(佐賀県鹿島市)・峰松一清さんに伺いました。

Q 日本酒の種類の純米や吟醸って?
純米とは、米と米麹だけでつくられたお酒。純米と記載がない吟醸酒は醸造アルコールを入れたもので淡麗なタイプが多い。米の精米歩合によっても、香りや味わいが変化します。

Q 辛口と甘口、何が違うの?
風味を表現する甘口と辛口は、米をアルコールに変える酵母がもろみの中のブドウ糖をどれだけ食べたかの量の違い。ラベルに記されている酒度が甘口と辛口を判断する目安になり、0を基準とし、マイナスは甘口でプラスは辛口。

Q 初心者におすすめの日本酒って?
軽い口当たりの甘口や冷やして飲む生酒、米と麹だけでつくる純米酒は飲みやすいものが多くおすすめ。ワインやカクテル感覚で飲める女性好みの日本酒も増えています。

Q 季節によっておいしい日本酒って変わるの?
熟成した味わいが特徴の秋の「ひやおろし」や冬から春先にはフレッシュな香りが漂う「新酒・しぼりたて」、夏には冷やして飲む「生酒」など季節ごとに旬の日本酒があります。

本誌124ページ「LOVE 日本酒!」では、酒蔵見学 in 佐賀、おすすめ銘柄&行きたいお店を紹介しています。ぜひご覧ください。

リンネル10月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読