電車の揺れ、木漏れ日のきらめき……心地良い『1/fゆらぎ』を取り入れる

電車の揺れ。木漏れ日がきらめく様子。小川のせせらぎの音。生活の中にある心地良いと感じることには、共通点がありました。それは「1/f(エフブンノイチ)ゆらぎ」というリズムを含むこと。リンネル10月号では、リラックスに深く関わる「1/fゆらぎ」について、改めてクローズアップ!(撮影:千葉亜津子、スタイリング:石井香苗、イラスト:オガワナホ、文:高橋紡、構成:吉田奈央、撮影協力:アワビーズ)

そもそも、なぜ1/fゆらぎを持つものを見たり感じたりするとリラックスできるのでしょうか?「理由は、人の心拍のリズムも1/fゆらぎになっているからだといわれています。同じ周波数を持つリズムが人体に快適感を与えるんですね」と東京工業大学名誉教授・武者利光さん。この1/fゆらぎ、日々の暮らしの中に簡単に取り入れることができるのです。その一部をtreasuresでもお届けします。

yuragi.jpg

・ 木漏れ日の下、ランチをする
きらきらと木々の間から光がさす様子を眺めながら、ブランケットを敷いてゆっくりとピクニックランチを。自然派のジンジャーエールや旬のフルーツなど体にいいものを食べて、さらにリラックス。

・ 電車で旅をする
電車内で席に座って、がたんがたんと揺られているうちにいつしか眠くなってうとうと……、という経験はきっと誰もがしたことがあるはず。この不規則な揺れこそ、1/fゆらぎ。各駅停車だろうが新幹線だろうが、電車の速度には関係ないそうです。移動のためだけでなく、「電車に乗ること」を目的に旅をしてみては?

・ キャンプで自然を感じる
小川のせせらぎ、さざ波の音、そよ風、星のまたたきなど野外には1/fゆらぎを持つ現象がたくさん! 焚き火の揺らめく炎にもあるというから、ぜひ自然豊かな場所へキャンプに出かけて昼と夜、時間を変えて自然観察をしてみては。

・ クラシックや弦楽器を聴く
ジャズでもロックでも、ジャンルを問わず音楽には1/fゆらぎがあると言われますが、顕著なのがクラシック。特にモーツァルトやベートーベン、バッハの作曲した曲が知られています。名生演奏で聴くのが一番ですが、弦楽器もいいそうなのでウクレレやギターに挑戦してみるのもいいですね。

・ 柾目のインテリアを置く
木の年輪、特に丸太の中心に向かって縦に切ったときに現れる柾目に1/fゆらぎは見られます。独楽、カッティングボードやオブジェ、食器など小さいものからトライしてみて。

・ 手彫りの洗濯板で洗濯を
手彫りの洗濯板で洗濯物をごしごしとこする音、リズムにリラックス効果があるのだとか。大切な衣類の部分洗い、靴下や下着洗いなどに。

・ キャンドルを灯す
ゆらゆらと揺らぐ炎。眺めているだけでもなんだか心が落ち着きます。蜜蝋から作られる「蜂蜜の森」キャンドルで自然の恵みを感じて。

本誌144ページ「『1/fゆらぎ』のある暮らし」では、より詳しい情報を紹介中。
気付きや学びを日々の生活に取り入れて、心地良い暮らしを楽しんでくださいね。

リンネル10月号はこちら!

▼Please follow us▲
宝島社トレジャーズ公式Twitter公式Facebook でも最新情報配信中!
あわせてチェックしてくださいね!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読